「親の恩に報いること」(母の日 礼拝メッセージ2020/05/10)  

まずその人たちに、自分の家の人に敬愛を示して、親の恩に報いることを学ばせなさい。それが神の御前に喜ばれることです。   Ⅰテモテ 5:4

今日は「母の日」です。
みことばは、私たちを生み、育んでくれた「親」に対して尊敬、服従、敬愛を示すように命じています。それは、私たちが平穏で幸いな生涯を送るために欠かすことができないことだからです。逆に、このみことばに従わなければ、クリスチャンであっても不幸な生涯を送ることになります。今日は、両親、信仰の親、天のお父様に感謝と敬愛を表しましょう。

1.親の恩に報いる
両親は私たちの命の源となり、私たちが自分の力で生きていけない時に、私たちの世話をして生きられるように助けて下さいました。私たちの両親の存在は、私たちの天の神様に通じるところがあります。両親の教えに感謝し、両親を喜ばせることに力を注ぎましょう。

子たちよ、父の訓戒に聞き従え。耳を傾け、悟りを得よ。 箴言 4:1
知恵のある子は父を喜ばせ、愚かな子は母の悲しみとなる。箴言 10:1
あなたの母が年老いても蔑んではならない。       箴言 23:22
あなたの父と母を喜ばせ、あなたを産んだ人を楽しませよ。箴言 23:25

2.信仰の親の恩に報いる
パウロは、コリント教会の兄弟姉妹には「私の愛する子ども」(Ⅰコリント4:14~17)、テモテには「信仰による、真のわが子テモテ」(Ⅰテモテ1:2)、「愛する子テモテ」(Ⅱテモテ1:2)、テトスには「同じ信仰による、真のわが子テトス」(テトス1:4)、オネシモには「獄中で生んだわが子オネシモ」(ピレモン10)と語りかけています。
パウロもヨハネも信仰の父親としてその生涯を歩みました。私たちは、信仰の親を喜ばせる歩みをしていきましょう。

この私が、福音により、キリスト・イエスにあって、あなたがたを生んだのです。Ⅰコリント 4:15
私にとって、自分の子どもたちが真理のうちに歩んでいることを聞くこと以上の大きな喜びはありません。Ⅲヨハネ 4

3.天(霊)のお父様の恩に報いる
天のお父様は、私たちに命とすべての必要を与えて下さっています。それに加えて、何よりも素晴らしい罪の赦しと永遠の滅びからの救いを与えて下さいました。さらに天のお父様は、私たちを愛するがゆえに、叱責と訓練を与えて下さっています。私たちがそれを感謝して受け取ると、益と聖めをいただくことができます。しかし、不平不満を鳴らして拒むと、それらを失うことになります。父なる神様と復活によってすべての権威を与えられた主イエス様に感謝と敬愛を表しましょう。

わが子よ、主の懲らしめを拒むな。その叱責を嫌うな。父がいとしい子を叱るように、主は愛する者を叱る。  箴言 3:11,12
霊の父は私たちの益のために、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして訓練されるのです。へブル 12:10