礼拝メッセージ

礼拝メッセージ

「引き出す者 モーセ」(聖日礼拝メッセージ 2022/07/03)

 今日の人物は「モーセ」です。モーセはヨセフによるイスラエル民族のエジプト寄留後349年目にレビ人の子として誕生しましたが、奴隷状態にあったイスラエル民族(創世記 15:13)の反抗を恐れたファラオは、産まれた男児を殺すよう命令していたため、命の危険にさらされました。  モーセは、神様の不思議な守りと召命により、イスラエル民族を引き出す者となり、約束の地カナンまで導きました。 1.誕生、逃亡、召命(出エジプト1~4章)  信仰によって、モーセは成人したときに、ファラオの娘の息子と呼ばれることを拒み、はかない罪の楽しみにふけるよりも、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。彼は、キリストのゆえに受ける辱めを、エジプトの宝にまさる大きな富と考えました。それは、与えられる報いから目を離さなかったからでした。へブル 11:24~26  モーセは、ファラオの娘に拾われて王の孫とし...
礼拝メッセージ

「すべてを善に」(聖日礼拝メッセージ 2022/06/26)

 今日はヤコブの11番目の子「ヨセフ」です。ヨセフは、ラケルとの間に生まれた最初の子で年より子だったため、ヤコブの偏愛を受けますが、他の兄弟たちの妬みによって奴隷として売られてしまい、数奇で困難な人生を歩みます。そこには神様の不思議なご計画がありました。 1.夢見る者  イスラエルは、息子たちのだれよりもヨセフを愛していた。創世記 37:3  再びヨセフは別の夢を見て、それを兄たちに話した。彼は、「また夢を見ました。見ると、太陽と月と十一の星が私を伏し拝んでいました。」と言った。・・・父はこのことを心にとどめていた。創世記 37:9~11(5~8)  ヨセフは、自分が家族に拝まれる夢を見たことによって、兄たちの反感を買い大変な人生を歩むことになります。 2.困難な人生から宰相へ  ・・・それで兄弟たちはヨセフを穴から引き上げ、銀二十枚でヨセフをイシュマエル人に売った。イシ...
礼拝メッセージ

「知恵を愛する人」(聖日礼拝メッセージ 2022/06/19)

 今日は「父の日」です。聖書は、親を大切にし、親の恩に報いることを命じています。それは、私たちが平和で幸いな生涯を送る最も基本的なことだからです。 1.知恵を愛する人  主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟ることである。箴言 9:10(ヨブ 28:28)  知恵の初め それは主を恐れること。これを行う人はみな賢明さを得る。主の誉れは永遠に立つ。詩篇 111:10  聖書は、「知恵を愛する人は、その父を喜ばせる。箴言 29:3」と教えていますが、知恵とは、勉強ができて知識がある人のことではありません。創造主、救い主、さばき主、絶対者である神様を恐れ、信じる人です。その人は、本当の意味で父親を喜ばせる生き方ができます。 2.父なる神様  イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると見よ。天が開け、神の御霊が鳩のようにご自分の上に降って来られるのを...
礼拝メッセージ

「祝福を追い求めたヤコブ」(聖日礼拝メッセージ 2022/06/12)

 今日はイサクの息子「ヤコブ」を取り上げます。イサクとリベカの間に生まれたのは双子、兄エサウと弟ヤコブです。ヤコブはイサクとエサウをだまして命を狙われ、20年間逃亡生活を送りました。その後、イスラエル12部族の父となり、名前も「イスラエル」とされました。晩年は息子ヨセフを頼ってエジプトへ渡り、そこで生涯を閉じました。 1.ずる賢いヤコブ  するとヤコブは、「今すぐ私に、あなたの長子の権利を売ってください」と言った。                     創世記 25:31  「本当におまえは、わが子エサウだね」と言った。するとヤコブは答えた。「そうです。」 創世記 27:24  兄エサウは、神様・信仰・霊的祝福を軽んじていましたが(へブル 12:16)、弟ヤコブは、兄エサウの弱みに付け込み、父イサクをもだまして神様の祝福を横取りしました。ヤコブは、人間的なたくらみで奪い取るの...
礼拝メッセージ

「聖霊様は助け主」(聖日礼拝メッセージ 2022/06/05 ペンテコステ)

 今日はペンテコステ(聖霊降臨日)です。イエス様が約束されたとおり、祈りつつ待っていた弟子たちに聖霊様が降臨されました。 1.ペンテコステ  その後、わたしはすべての人に私の霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、老人は夢を見、青年は幻を見る。ヨエル 2:28  わたしが父にお願いすると、父はもう一人の助け主をお与えくださり、その助け主がいつまでも、あなたがたとともにいるようにしてくださいます。ヨハネ 14:16(使徒 1:4,5)  旧約聖書で預言され、イエス様が予告されたペンテコステは、AD30年、イエス様の復活後50日目、昇天後10日目の五旬節(七週の祭り、刈り入れの祭り、初穂の祭り)の日に訪れました。イエス様が再臨前の御業として聖霊様を注いでくださり、福音宣教による救いの収穫の始まり、聖霊様による新時代、使徒たちが聖霊様に満たされて働きを開始する日となりました。 2....
礼拝メッセージ

「温厚な人 イサク」(聖日礼拝メッセージ 2022/05/29)

 今日は「アブラハムの息子イサク」について見ていきます。アブラハムの息子イサクは、ささげ物となる試練を乗り越え、父の信仰を受け継ぎ、温厚で従順な人となりました。サラが亡くなり、イサクのお嫁さんを探すことになりましたが、アブラハムは、カナンの地の異教徒との婚姻を避けて、故郷へしもべを遣わしました。そこでリベカが与えられました。 1.イサクへの祝福の約束  あなたの子孫を空の星のように増し加え、あなたの子孫に、これらの国々をみな与える。あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。これは、アブラムがわたしの声に聞き従い、わたしの命令と掟とおしえを守って、わたしへの務めを果たしたからである。」創世記 26:4,5(26:12,13,24,25)  イサクはそこを去り、ゲラルの谷間に天幕を張って、そこに住んだ。・・・イサクはそこから移って、もう一つの井戸を掘った。創世記...
礼拝メッセージ

「信仰の父アブラハム」(聖日礼拝メッセージ 2022/05/22)

 今日は「信仰の父アブラハム」について見ていきます。セムの子孫であるテラは息子アブラハムたちを連れて、カナンを目指しバビロニアのウルからハランまでやって来ましたが、そこで死にました。その後、アブラハムは神様からの約束をいただいてカナンへ向かいました。アブラハムは、大きな失敗や試練を経験しましたが、信仰の父、神様の友でした。 1.アブラハムへの祝福の約束  主はアブラムに言われた。「あなたは、・・・わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、・・・地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」創世記12:1~3  主のことばが彼に臨んだ。「・・・あなた自身から生まれ出てくる者が、あなたの後を継がなければならない。」・・・「あなたの子孫は、このようになる。」アブラムは主を信じた。それで、それが彼の義と認められた。創世記15:4~6(ロー...
礼拝メッセージ

「ノアの子どもたち」(聖日礼拝メッセージ 2021/05/15)

 今日はノアの子どもたちについて見ていきます。大洪水の水が引き、箱舟を出たノアの家族を神様は祝福されました。アダムとエバから全人類は誕生しましたが、ノアの大洪水によって一度リセットされ、ノアの子どもたちセム(中央地帯)、ハム(南方地帯)、ヤフェテ(北方地帯)から再び全人類の系譜が始まりました(創世記9:18,19)。 1.セム、ハム、ヤフェテ  神はノアとその息子たちを祝福して、彼らに仰せられた。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。あなたがたへの恐れとおののきが、地のすべての獣、空のすべての鳥、・・・あなたがたの手に、これらは委ねられたのだ。・・・そのすべてのものを、今、あなたがたに与える。・・・わたしは、あなたがたのいのちのためには、あなたがたの地の値を要求する。・・・あなたがたは生めよ。増えよ。地に群がり、地に増えよ。」 創世記 9:1~7    神様は大洪水によって地を聖められ...
礼拝メッセージ

「親の恩に報いる」(聖日礼拝メッセージ 2022/05/08)

 今日は母の日です。神様は、すべての人を母親の胎を通して誕生させてくださいました。母親のありがたさを覚え、感謝し、恩に報いる生活をしましょう。それは主の命令であり、私たちが幸せになる道です。 1.親の恩  神様は天の父ですから、親は尊敬すべきすばらしい存在であり、親から受けた恩の大切さを教えてくださっています。  まことに あなたは私を母の胎から取り出した方。母の乳房に拠り頼ませた方。詩篇 22:9   〔日本のことわざ〕   子をもって知る親の恩:子を授かり親になって、初めて親のありがたさを知る  親思う心に勝る親心(吉田松陰):子が親を思う心より、親が子を思う心の方が勝っている  親と月夜はいつも良い:親がそばにいるときは安心、明るい月の夜は安心して歩けるのでどちらもありがたい。  親の意見と冷酒は後で利く:親の意見は聞き流してしまいやすいが、後になると納得できて、あり...
礼拝メッセージ

「主の心にかなう歩み ノア」(聖日礼拝メッセージ 2022/05/01)

 今日は旧約3「ノア」です。神様は、人間を含め天地万物をとても良いものとして創造されましたが、人間たちのあまりにひどい暴虐を見て創造なさったことを後悔されたと記されています。その中で、ノアは主の御心にかなう歩みをしていました。神様は、洪水後にノアを祝福し、再び大洪水によって滅ぼすことはないと、虹により永遠に約束してくださいました。 1.洪水による刷新  主は、地上に人の悪が増大し、その心に図ることがみな、悪に傾くのをご覧になった。それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。そして主は言われた。「わたしが創造した人を地の表から消し去ろう。人をはじめ、家畜や這うもの、空の鳥に至るまで、わたしは、これを造ったことを悔やむ。」創世記 6:5~7  また、かつての世界を放置せず、不敬虔な者たちの世界に洪水をもたらし、義を宣べ伝えたノアたち八人を保護されました。Ⅱペテロ 2:5 ...
タイトルとURLをコピーしました