礼拝メッセージ

使徒の働き9章にパウロの回心の出来事、13章から最後28章まではパウロの活動に関する記事が記されています。パウロは大学都市タルソでユダヤ人家庭に生まれ(ローマ市民権)、ユダヤ教信仰の訓練と教育を受け、熱烈なパリサイ派として律法に基づく厳格な生活をしていました。
そんな彼はクリスチャンを激しく迫害し、ステパノ処刑に立ち会い、さらにクリスチャンを捕らえるべくダマスコに派遣されました。その途上で復活のイエス様が臨み、彼は回心してイエス様を愛し、救いを宣べ伝える者に180度変えられました。彼は迫害を受けながらも異邦人の伝道者となり、開拓伝道、教会設立、牧会、新約聖書中の13の手紙の執筆、異端や偽教師との戦いを経験し、AD67年頃ローマで殉教したと言われています。

1.異邦人の伝道者
パウロは迫害者から一転してイエス様の救いを宣べ伝える者に変えられました。彼は3回にわたる小アジア・ギリシャへの伝道旅行と上訴によるローマ行きによって、異邦人社会にくまなく福音を伝えました。また、同胞のユダヤ教徒や、国の指導者たち(フェリクス総督、フェストゥス総督、アグリッパ王)に対しても大胆に証ししました。

ダマスコにいる人々をはじめエルサレムにいる人々に、またユダヤ地方全体に、さらに異邦人にまで、悔い改めて神に立ち返り、悔い改めにふさわしい行いをするようにと宣べ伝えてきました。使徒 26:20

2.苦難の使徒
彼らはキリストのしもべですか。私は狂気したように言いますが、私は彼ら以上にそうです。労苦したことはずっと多く、・・・死に直面したこともたびたびありました。・・・海上の難、偽兄弟による難にあい、・・・飢え渇き、しばしば食べ物もなく、寒さの中に裸でいたこともありました。・・・すべての教会への心づかいがあります。・・・もし誇る必要があるなら、私は自分の弱さのことを誇ります。Ⅱコリント 11:23~30

パウロは、かつてクリスチャンを迫害したことから、「私はすべての人に支払わなければならない債務を負っている」(ローマ1:14)、「福音を宣べ伝えなければわざわいだ」(Ⅰコリント9:16)と告白しています。
彼は命がけで福音を宣べ伝え、ユダヤ人クリスチャンと異邦人クリスチャンの一致に尽力し、手紙によってクリスチャンが愛し合い仕え合うことの重要性を強調しました。

3.生きることはキリスト
私の願いは、どんな場合にも恥じることなく、今もいつものように大胆に語り、生きるにしても死ぬにしても、私の身によってキリストがあがめられることです。私にとって生きることはキリスト、死ぬことは益です。ピリピ 1:20,21

パウロはスーパーマンではなく、私たちと全く変わらない一人の兄弟です。主の恵みは私たちにも等しく十分に注がれ、主の力は弱さのうちに完全に働きます。大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。(Ⅱコリント12:9,10)

もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。・・・神の御子に対する信仰によるのです。ガラテヤ 2:20


使徒の働き(使徒行伝)は、パウロとともに伝道旅行をした医者ルカが、ルカの福音書の続編として記したものです(使徒1:1,2)。ルカの福音書はイエス様が地上での御業を始められ、救いを完成して昇天されるまで、使徒の働きはイエス様が聖霊様によって御業をなし続けられたことが描かれています。おおよその年代と出来事は以下の通りです。

AD30年  1章 イエス様の昇天
1,2章 ペンテコステ、教会の誕生
5章 アナニヤとサッピラの死
7章 ステパノの殉教
AD32年  9章 サウロ(パウロ)の回心
10章 コルネリオの回心
AD46年 13章 第1回伝道旅行  
AD48年 15章 第2回伝道旅行
AD53年 18章 第3回伝道旅行  
AD63年 28章 ローマでのパウロ

1.聖霊の働き
「使徒の働き(使徒行伝)」は「聖霊の働き(聖霊行伝)」とも呼ばれます。ペンテコステ以来、聖霊様に導かれた使徒たちには、異言(外国語)やしるしと不思議(癒し、悪霊追い出し、瞬間移動、死人の蘇生など)が伴い、イエス様の十字架と復活の証しにより、同胞と異邦人に神様の救いを宣べ伝えて行きました(使徒 2:23,3:6,7,5:15,16,8:39,9:40)。

聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。使徒 1:8

すると皆が聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話し始めた。使徒 2:4

2.最初の殉教者
「主よ、この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、彼は眠りについた。使徒 7:60

ヘロデ王は、教会の中のある人たちを苦しめようとしてその手を伸ばし、ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。それがユダヤ人に喜ばれたのを見て、さらにペテロも捕らえにかかった。使徒 12:1~3

ステパノは信仰と聖霊と恵みと力に満ちた評判の良い兄弟で、大いなる不思議としるしを行っていました。しかし、敵対する人々は彼の知恵と御霊の議論に対抗できないため、「彼が神を冒涜した」との偽証人を立てて最高法院に訴え、石打ちの刑に処してしまいました。ステパノはイエス様を見つめ、今、自分を殺そうとしている者のために執り成しました。
聖霊様のしるしと不思議によって福音宣教が拡大し、多くの人々が救われる一方、殉教により尊い命がささげられました。

3.現在の使徒の働き
使徒(12使徒、パウロ、バルナバ、ヤコブ)はイエス様から任命された者、復活の証人です。私たちはその後、先に救われた兄弟姉妹の福音宣教によって救いを受け、使徒たちと同様に宣教命令と聖霊様の内住をいただきました。使徒の時代も現在も、聖霊様の働きに違いはありません。私たちも聖霊様の満たしを求め、主イエス様の十字架と復活を証ししましょう。

神の賜物と召命は、取り消されることがないからです。ローマ 11:29

永遠のいのちとは、ただひとりの、真の〈実在する〉神であるあなたを知る〈認める、認識する、親しく知る、理解する〉こと、また、〔同様に〕あなたが遣わされた者イエス・キリスト〈油そそがれたかた、メシヤ〉〔として〕を知ることです。 ヨハネ 17:3(詳訳)

イエス様はご自分の生涯においてすべてのことをやり遂げ、最後の晩餐の席で間もなく訪れる十字架の死の意味について説明されました。その後、父なる神様に向かって大祭司として執り成しの祈りを始められました。ヨハネの福音書17章は「大祭司の祈り」と呼ばれています。ここで、①ご自分のため(1~5節)②弟子たちのため(6~19節)③これから救われてくる人々のため(20~26節)に祈られました。イエス様は大祭司として何を祈られ、私たちに何を与えられたのでしょうか。

1.キリストを知る
神は・・・キリストを死者の中からよみがえらせ、・・・すべての支配、権威、権力、主権の上に、・・・置かれました。エペソ1:20,21

父なる神様は、イエス様の十字架の死と復活によって、すべてを支配する権威をイエス様にお与えになりました。それは、イエス様を救い主と信じる人々に、罪の赦しにより永遠のいのちを与えるためでした。
永遠のいのちとは、父なる神様と救い主イエス様を知ることです。「知ること」とは「継続的に増大する経験」を指します。父なる神様を知るにはイエス様を通さなければなりませんし、イエス様を知ることは、聖霊様とみことばによります。

2.弟子たちのための祈り
彼らをお守りください。わたしたちと同じように、彼らが一つになるためです。ヨハネ 17:11

イエス様は「弟子たちは父なる神様のもので、父なる神様がイエス様に下さった人たちです。彼らをこの世から取り去るのではなく、悪い者から守ってくださるように。イエス様がこの世のものでないように、彼らもこの世のものではない。」と言われ、次のように祈られました。
①彼らが一つとなるために、彼らをお守りください。
②真理(みことば)によって彼らを聖別してください。

3.私たちのための祈り
わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。ヨハネ17:22

イエス様は「父なる神様とイエス様が一つであるように、彼らも一つとなるように。イエス様がいるところに彼らもいるように。」と祈られました。
また、世界が「父なる神様がイエス様を遣わされたこと、父なる神様がクリスチャンを愛されていること」を知るようにとも祈られました。
「一つ」とは、父なる神様とイエス様の間にある「目的と意図」の一致であり、生命的・人格的・相互内住的な一致です。これは神様からの賜物の「愛」と主イエス様の栄光を仰ぎ見続けることによって成就します。

わたしに仕えるというのなら、その人はわたしについて来なさい。わたしがいるところに、わたしに仕える者もいることになります。ヨハネ12:26

ことばであれ行いであれ、何かをするときには、主イエスによって父なる神に感謝し、すべてを主イエスの名において行いなさい。コロサイ3:17

何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。コロサイ3:23

今日は父の日です。今日のみことばは、妻、夫、子ども、父、奴隷、それぞれ立場は違っても、すべての言動が主に対するものであり、感謝の伴ったものであるようにと命じています。その言動とは「互いに忍耐し合う、赦し合う、愛しあう」ことです。なぜ私たちにそのような言動が求められ、またなぜそのような生き方が可能なのでしょうか。

1.神様に愛され新しくされた者

あなたがたは神に選ばれた者、聖なる者、愛されている者として、・・・コロサイ3:12
あなたがたは古い人をその行いとともに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、それを造られた方のかたちにしたがって新しくされ続け、真の知識に至ります。コロサイ3:9,10

私たちは「神様に選ばれ、聖められ、愛され、赦された者」として、古い罪の人を脱ぎ捨てて新しい人を着て、神様と人々に対して正しい関係で生きられるようになりました。

2.新しい人の生き方

・・・深い慈愛の心、親切、謙遜、柔和、寛容を着なさい。コロサイ3:12

キリスト〈メシヤ〉〔の語られた〕ことばを〈あなたがたの心情と知性の中に〉宿らせ《あなたがたのうちに〔全く〕豊かに住まわせ》なさい。コロサイ3:16(詳訳)

神様によって新しい人を着させていただいた私たちは、自分自身に与えられた神様の慈愛によって、周りの人々に同様の心を示すことができます。特に一番身近で愛すべき兄弟姉妹に対して勧められています。

ですから、私たちは機会があるうちに、すべての人に、特に信仰の家族に善を行いましょう。ガラテヤ 6:10

みことばを「心情と知性の中に宿らせる」とは、みことばを固く信じて疑わず、自分自身の考え方・価値判断の基本としていることです。その結果、「互いに教え合う、忠告し合う、賛美の歌を歌う」という互いに仕え合うクリスチャンの成長が期待できます。

3.すべてのことを主に対してするように

みことばは、兄弟姉妹、隣人に対する言動が、すべて主イエス様に対して行っていることだ教えています。その言動には正当な報いがあります。

あなたがたは、主から報いとして御国を受け継ぐことを知っています。・・・不正を行う者は、自分が行った不正を報いとして受け取ることになります。コロサイ 3:24,25

ヨハネの福音書は紀元90年頃書かれたもので、共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)と共通する記事が1割に満たない独自の内容となっています。共観福音書はイエス様の行動と話されたことが記録されていますが、ヨハネの福音書の主眼はイエス様の説教と対話とそれらの解釈です。ヨハネはイエス様こそ神様のひとり子であり、救い主であることを説明しています。
著者のヨハネは、漁師出身でイエス様から「雷の子」とあだ名をつけられるほど気性の荒い人でしたが、後に「イエスが愛された弟子」「愛の使徒」と呼ばれました。ペテロ、ヤコブと共に内弟子と目され、イエス様が十字架に付けられた時は十二弟子の内唯一最後まで残り、母マリアを託されました。ヨハネは福音書のほかに三書簡と黙示録を記しました。ヨハネはドミチアヌス帝の迫害の時パトモス島に流刑になりましたが、十二弟子の内唯一殉教せずにエペソで天寿(94歳)を全うしたと言われています。

1.ことばとは何か
初めに〔天地の初めに、すでに〕ことば〔キリスト〕がおられた。ことばは神とともにおられた。ことばは神ご自身であられた。このかたは初めに神とともにおられた。すべてのものは彼によって〈を通して〉つくられた〈存在するに至った〉。存在しているもので、彼によらないでつくられたものは何一つない。彼にいのちがあった。そのいのちは人の光であった。 ヨハネ 1:1~4(詳訳)

「ことば:ロゴス(ギリシャ語)」は「理性、論証、真理」の意味があり「ミュトス(ギリシャ語):空想、物語」と対比されます。ヨハネの福音書では、「ことば」はイエス・キリストであり、神・創造主・永遠より存在した人格であると説明しています。

2.ことばは人となって、私たちの間に住まわれた
初めからあったもの、私たちが聞いたもの、自分の目で見たもの、じっと見つめ、自分の手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて。このいのちが現れました。御父とともにあり、私たちに現れたこの永遠のいのちを、私たちは見たので証しして、あなたがたに伝えます。  Ⅰヨハネ 1:1,2

神様のことばであるイエス様は、天地の創造主でありながら、その栄光を捨てて人となり、私たちと同じ人生を歩んでくださいました。とても不思議で恐れ多いことですが、私たちを罪から救うためにへりくだってくださいました。イエス様は神様を私たちに示してくださる「ことば」です。

3.ヨハネが切望していること
これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるためであり、また信じて、イエスの名によっていのちを得るためである。 ヨハネ 20:31

ヨハネが福音書を記した目的はとても明確です。すべての人が、イエス様が救い主であることを信じて救われ、永遠のいのちを獲得し、日々悔い改めていのちに満ち溢れた人生を送るためです。

わたしはあなたの行いを知っている。あなたは、生きているとは名ばかりで、実は死んでいる。目を覚まし、死にかけている残りの者たちを力づけなさい。・・・それを守り、悔い改めなさい。  黙示録 3:1~3

ルカは、ザアカイの回心を信仰と選びの面からわかりやすく教え、イエス様がすべての人の救い主であると記しています。

1.ザアカイの信仰と救い、神様の選び

イエスはその場所に来ると上を見上げて彼に言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから。」 ルカ19:5

ザアカイはエリコの町の税務署長の職にありました。エリコはヨルダンとエルサレムを結ぶ交通の要衝のため、多くの人々や物品(ナツメヤシ、バルサム)が行き来していたのでザアカイは莫大な財産を得ていました。 しかし、当時取税人は支配国ローマの手先として疎まれ、遊女と同様罪人と呼ばれていました。背が低かったザアカイはイエス様に会いたい一心でいちじく桑の木によじ登り、イエス様を見ていました。もしかしたら同業者でイエス様の弟子になったマタイの影響があったかもしれません。
イエス様は、あらかじめザアカイあなたに決めていたと言われました。

イエスは彼に言われた。「今日、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は、失われた者を捜して救うために来たのです。」  ルカ 19:9

エリコは祭司の町ですが、イエス様は宗教家である祭司の家ではなく、アブラハムと同様の「信仰を持った子」である取税人・罪人ザアカイを選ばれ、彼の家へ行かれました。
マタイの時と同様に、周囲の人々は罪人と仲良くするイエス様に文句を言いましたが、ザアカイは喜んでイエス様を迎え入れて悔い改めの実を結びました。イエス様が「今日、救いがこの家に来ました。」と言われた時に、失われていた者が捜し出されて救われたことをどれだけ喜ばれたことでしょうか。

2.私たちの救いと今日という日

私たちもザアカイと同様に、神様から選ばれ、イエス様によって捜し出されて、それぞれ回心した日に救われました。しかし、様々な困難(新型コロナなど)や不信仰によって信仰が弱ってしまうことがあります。イエス様が宣言された「今日」という日は、現在も継続しています。「今日は恵みの日、救いの日です」。過去を良しとし現在を悪く言って嘆くことは知恵・信仰からは出ていません。突然、苦難が襲って来ても、イエス様の勝利と恵みは日々私たちの内に満ち溢れています。

「どうして、昔のほうが今より良かったのか」と言ってはならない。このような問いは、知恵によるのではない。伝道者の書7:10

神は言われます。「恵みの時に、わたしはあなたに答え、救いの日にあなたを助ける。」見よ。今は恵みの時、今は救いの日です。Ⅱコリント6:2

・・・あなたがたがわたしにあって平安を得るためです。世にあっては苦難があります。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝ちました。  ヨハネ16:33

ペンテコステ(聖霊降臨日)は五旬祭と言い、キリストが復活された日から50日目に聖霊が降った日として記念するようになりました。またその日は教会が誕生した日として記念されています。
クリスマスはイエス・キリストの誕生が記念され、イースターはキリストの十字架の死からの復活が記念され、ペンテコステは主イエスが約束された、もう一人の助け主である聖霊が私たちに注がれたことを記念しお祝いされています。

1.教会の始まり

教会のことをギリシャ語で「エクレーシヤ」と言います。それは「呼び集められた者たち、集まるように召し出された者たち」を意味します。「集まる」ということの中に深い意味が込められています。(今は新型コロナウイルスにより3密は難しいのですが・・・)

二人か三人がわたしの名において集まっているところには、わたしもその中にいるのです。  マタイ18:20

ある人たちの習慣に倣って自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう。その日が近づいていることが分かっているのですから、ますます励もうではありませんか。 へブル10:25

私たちは、一人ひとりが大胆に神様に近づくことができるという恵みを知ると同時に、主の御名によって集まることの重要性を知らなければなりません。召し出された者たちが、もし共に集まることをせずに、それぞれ勝手に過ごすならば、教会は「地の塩・世の光」としての役割を果たすことができなくなります。
主の教会はからだにたとえられています。からだのそれぞれの部分がうまくかみ合うことで、はじめてからだとして機能する仕組みになっています。「自分一人くらい抜けたって大丈夫」と考えると、からだのひとつの部分の欠けによってからだ全体が十分に機能しなくなります。一人ひとりはとても大切です。

2.教会はクリスチャンに与えられた聖霊によって力強く働く

聖霊は三位一体の第三位格の神様であり、いろいろな働きがあります。 使徒5:3,4の場面でペテロは、アナニアの行動は人ではなく神に対する偽り行為であり、聖霊を欺くことだと指摘しました。ここで明らかにされているのは、聖霊を欺くことは、神を欺くことであるということです。
さらに聖霊は知性と感情と意志を持つ人格のあるお方です。聖霊は考え知り(Iコリ2:10)、悲嘆し(エペソ4:30)、私たちのためにとりなし(ローマ8:26,27)、神の御心に従って意思決定されます(Iコリ12:7~11)。イエス様が約束されたとおり、私たちの助け主として働かれます(ヨハネ14:16,15:26)。
主イエス・キリストの誕生と十字架と復活は私たちの救いのための神のみわざですが、ペンテコステは私たちの内に働かれる神のみわざです。
聖霊が降臨される前、イエス・キリストは私たちの「ため」の救い主でしたが、ペンテコステ以来、神は私たちの「中で共に」働かれるようになられました。教会の始まりと同時に聖霊の力はキリスト者を変え、福音と聖霊の力がエルサレムから世界中に広がり、極東の日本に届けられました。(藤島 昇)

【5月24日 聖日礼拝プログラム】                                 
1.あいさつ、祈り                    司会者
2.聖歌総合版 493(476)「やすけさは川のごとく」    
494(477)「いざみなきたりて」   
3.祈り                       祈り担当者
4.みことばの交読   ルカ 4:16~4:30
5.聖餐式                        司会者
6.聖歌総合版 495(478)「救いをなしたもう」  ※()は聖歌番号
7.メッセージ「聖書の実現」               高石兄
8.祈り
9.お知らせ                       司会者

礼拝メッセージ「聖書の実現」

ルカの福音書は、パウロの同労者であり医者であったギリシャ人のルカが、「使徒の働き」との二部作の一部作目としてローマ人テオフィロに献呈したものです。ルカは、イエス様の生涯を通して、イエス様が全人類の救い主であり、再び来臨されるお方であることを教えています。
ルカは、医者の視点から病人・貧しい者・女性・子どもなど社会的弱者に心を向ける「人の子イエス様」を描いてます。
今日は、実現した聖書のことばについて見て行きましょう。

1.実現した救いと解放

捕われている人には開放を、目の見えない人には目の開かれることを告げ、虐げられている人を自由の身とし、主の恵みの年を告げるために。」ルカ 4:18,19

イエス様は、四十日間の悪魔の試みに勝利され、御霊に満たされてガリラヤに帰られ、会堂で教えて人々から称賛を受けられました。その後、故郷のナザレで同じように会堂でイザヤ書(主の受難のしもべの歌)からご自身が旧約聖書で約束されていたメシヤであることを証しされました。
人々はイエス様によって、病がいやされ、心の貧しい人々に福音が伝えられ、サタン・悪霊・罪に捕らわれていた人々が解放され、霊の目が見えるようになり、永遠の滅びから自由にされました。

・・・耳の聞こえない者たちが聞き、死人たちが生き返り、貧しい者たちに福音が伝えられています。だれでも、わたしにつまずかない者は幸いです。ルカ 7:22

2.実現した不信仰

これを聞くと、会堂にいた人たちはみな憤りに見たされ、立ち上がってイエスを町の外に追い出した。そして町が建っていた丘の崖の縁まで連れて行き、そこから突き落とそうとした。ルカ 4:28,29

故郷の人々は、イエス様の恵みのことばに驚いたが、自分たちの選民思想による高慢といやしの実利だけを求める不信仰によって、イエス様を拒絶して殺害しようとしました。イエス様はツァレファテのやもめ女とナアマンが異邦人でありながら、信仰によって救いを得たことを示されました。福音は選民から拒絶され、異邦人に与えられました。

3.私の身に実現したこと

だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおり、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになります。ヨハネ 7:38

・・・試練で試され・・・イエス・キリストを・・・愛しており、・・・信じており、・・・栄に満ちた喜びに躍っています。あなたがたが、信仰の結果であるたましいの救いを得ているからです。Ⅰペテロ 1:6~9

あなたもイエス様の救いによって、罪・死・束縛・空しい生活から解放され、試練の中でも喜び躍る信仰と人生が与えられました。あなたのうちにすばらしい聖書のことばが実現しました。
もし、イエス様に対する愛、みことばに従う喜びが小さくなっていると感じたら、信仰の姿勢を見直してみましょう。