礼拝メッセージ


多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、一切の重荷とまとわりつく罪を捨てて、自分の前に置かれている競争を、忍耐をもって走り続けようではありませんか。へブル 12:1

「信仰の章」へブル11章には、旧約聖書の信仰の勇者が取り上げられ、彼らが今、私たち取り巻きいて声援を送っているので、兄弟愛を持ち、信仰を全うするように勧められています。

1.信仰とは(ユダヤ的表現―同義的並行法):へブル11章1節

信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものです。へブル 11:1

信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神がご自分を求める者には報いてくださる方であることを、信じなければならないのです。           へブル 11:6

2.信仰の殿堂入りした者―遊女ラハブの信仰とは
へブル書でいう神様に喜ばれる信仰者とは、「神に近づく者」「神を求める者」であり、それが11章にあげられた称賛されるべき信仰者、アベル、エノク・・・ら17人、女性2人はサラとラハブです。ラハブの信仰は、ヨシュア記2章、6章に記されています。

信仰によって、遊女ラハブは、偵察に来た人たちを穏やかに受け入れたので、不従順な者たちと一緒に滅びずにすみました。へブル 11:31

①危険をも顧みず斥候をかくまったラハブの大胆な信仰
②まことの神に対するラハブの信仰
あなたがたの神、主は、上は天において、下は地において、神であられるからです。ヨシュア 2:11
③自分の家族を大切にするラハブの信仰
④イエス・キリストにつながる系図

*「穏やかに」とは「ねんごろにおもてなしをした。敵意を持たないで」と訳されます。実際は命をかけるほどのスリルに満ちた大胆なもので、「かくまった」とは、神の側についたことを意味します。

3.兄弟愛を「いつも」持っていなさい
へブル人への手紙は、迫害の中にあったユダヤ人クリスチャンたちに対して、なぜキリストの恵みにとどまり、信仰のマラソンを最後まで走り続けなければならないかについて述べてきました。神様の御国に入る約束が与えられ、その特権に与ったクリスチャンは、最後までそれにふさわしく「兄弟愛をいつも持つ」生き方をすべきだと手紙は結んでいます。
「いつも」とは、調子が良い時だけでなく、相手が裏切った時でさえ「さらに熱心に、冷めることもなく」という意味です。

まとめ
ラハブの信仰は危険をも顧みず自分の命をかけた信仰です。しかし、その信仰は、自分の力で頑張るような信仰ではありません。神様がどのようなお方であるかを知っているからこそ、その神様に委ねることができた信仰のことです。「おことばどうりにしましょう」(ヨシュア2:21)は、どのような身分、立場であっても主に従う者の信仰の言葉です。
(藤島昇兄)


https://youtu.be/zDShxXKtzow

https://youtu.be/-pPKN4dOlnE


へブル人への手紙は、信仰が浅く、ユダヤ教との間で信仰が揺れ動くユダヤ人クリスチャンのために書かれたと言われています。彼らは救い主イエス様に対する信仰の確信が揺らぎ、律法・宗教行事・例祭・行いに縛られていた宗教生活に逆戻りしようとしていました。
この手紙では、救い主イエス様こそ創造主が人となられた方、旧約聖書で約束されていたメシア、不完全な動物による贖いではない真の完全な贖い主であることを教えています。

1.創造主なるイエス様

神は御子を万物の相続者と定め、御子によって世界を造られました。御子は神の栄光の輝き、神の本質の完全な現れであり、その力あるみことばによって万物を保っておられます。へブル 1:2,3

聖書は、イエス様が賢人、偉人、預言者、聖人、宗教家、博愛主義者ではなく、天地万物の創造者であることを明確にしています。

2.人となられたイエス様

子たちがみな血と肉と持っているので、イエスもまた同じように、それらのものをお持ちになりました。それは、死の力を持つ者、すなわち、悪魔をご自身の死によって滅ぼし、死の恐怖によって一生涯奴隷としてつながれていた人々を解放するためでした。  へブル 2:14,15

神様は何でもできるので、天からひと声かけて私たちの罪を赦すことが出来たのかもしれません。しかし、聖書によると、悪魔を滅ぼし、死と罪の奴隷になっていた私たちを身代わりとなって救うためには、私たちと同じ血肉を持った人間にならなければなりませんでした。
これらのことは、詩篇40:6~8やイザヤ53:10~12で預言されており、へブル10:5~7にその成就が記されています。

このみこころにしたがって、イエス・キリストのからだが、ただ一度だけ献げられたことにより、私たちは聖なるものとされています。へブル10:10

3.イエス様に従順に

「今日、もし御声を聞くなら、あなたがたの心を頑なにしてはならない。へブル 3:7,8

兄弟たち、あなたがたのうちに、不信仰な悪い心になって、生ける神から離れる者がないように気をつけなさい。「今日」と言われている間、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされて頑なにならないようにしなさい。へブル 3:12,13

みことばは、ユダヤ人クリスチャンたちに対して、かつて心を頑なにして滅ぼされた先祖たちと同じ轍を踏まないように注意しています。
救い主イエス様に対する信仰をいただいて救われた者が、再びかつての罪の奴隷生活に戻るようなことがあってはなりません。
私たちも罪に惑わされると、信仰より行いを重んじ、あわれみより冷徹な律法主義、誠実より罪と妥協、不信仰によってみことばから離れ、兄弟姉妹に仕えるより自分を愛する生活に陥ってしまいます。
みことばに対して不従順で自分の考えを変えない堅い心ではなく、いつでも間違いや罪を認めて悔い改める、柔らかい心で生活しましょう。


「いの一番」とは、「いろは」の一番目の意から「真っ先、一番目」という意味です。神様は、ご自分の民イスラエルをエジプトの奴隷状態から開放した日を一年の初め、正月として記念し、何はともあれ、「いの一番」に神様を礼拝し、神様の尊い救いに感謝してスタートするように命じられました。

1.神様の民イスラエルの出発
主はエジプトの地でモーセとアロンに言われた。「この月をあなたがたの月の始まりとし、これをあなたがたの年の最初の月とせよ。」イスラエルの全会衆に次のように告げよ。この月の十日に、それぞれが一族ごとに羊を、すなわち家ごとに羊を用意しなさい。 出エジプト 12:2,3

エジプトで400年間奴隷状態にあった神様の民イスラエルは、BC1446年にモーセに率いられてエジプトから脱出しました。神様は、イスラエルを解放させまいとする頑ななパロに対して、9つの災い(ナイル川が血、かえる、ブヨ、あぶ、疾病、腫物、雹、イナゴ、真っ暗闇)と初子の死をもってイスラエルを解放させました。初子の死の災いに対して、イスラエルの民は、過越しの子羊の血を門柱と鴨居に塗ることによって守られました。

2.過越しの祭りと除酵祭(種なしパンの祭り)
神様は出エジプトを記念して、過越しの祭りと除酵祭を制定されました。

①過越しの子羊:神様の守りと備え:救い主イエス様の十字架と復活
私たちが神をほめたたえる賛美の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。Ⅰコリント 10:16

・・・御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。Ⅰヨハネ 1:7

②苦菜:エジプトでの苦難:救われる以前の罪の奴隷状態の苦しみ

③種を入れないパン:急な出立(パンを発酵させる時間がなかった):悪い不信仰と偽善の除去

・・・パリサイ人たちとサドカイ人たちのパン種に用心しなさい。マタイ 16:11

・・・悪意と邪悪のパン種を用いたりしないで、誠実と真実の種なしパンで祭りをしようではありませんか。Ⅰコリント5:6~8

3.記念とお祝い

神様は、イスラエルの民が奴隷状態から解放され、救われた時を1年のスタートとしました。自分たちがどのような状態の中から、神様のあわれみと恵みによって救われたのか、それを忘れないようにするために、具体的な方法を制定してくださいました。
私たちも、イエス様による救いを記念し、祝い、原点であるイエス様の犠牲による贖い、罪からの解放、正しい歩み方の勧めに立ち返って、礼拝と聖餐式に与りましょう。さらに、主の新天新地を待ち望みましょう。

・・・「恐れるな。わたしがあなたを贖ったからだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたは、わたしのもの。あなたが水の中を過ぎるときも、わたしは、あなたとともにいる。・・・ イザヤ 43:1~3

また私は、新しい天と新しい地を見た。・・・ 黙示録 21:1,2


https://youtu.be/WPz48f3EBCU


主はいつくしみ深い。
主に望みを置く者、主を求めるたましいに。
主の救いを静まって待ち望むのは良い。
人が、若いときに、くびきを負うのは良い。
それを負わされたのなら、ひとり静まって座っていよ。
口を土のちりにつけよ。
もしかすると希望があるかもしれない。
自分を打つ者には頬を向け、十分に恥辱を受けよ。
主は、いつまでも見放してはおられない。
主は、たとえ悲しみを与えたとしても、
その豊かな恵みによって、人をあわれまれる。
主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない。
哀歌 3:25~33

昨年2020年は、新型コロナで始まり、新型コロナで終わった1年でした。今までの生活様式、考え方、価値観、家族関係、人との付き合い方など、様々な面で再考を迫られる年でした。
家族や友人と自由に会うことができないストレス、学業や就業の面での変化、失業や収入減で生活が立ち行かなくなった方々、医療従事者の疲弊、そして、自殺者の増加。今まで自分たちが意識せずに依存していたものが、もろくも崩れ去ってしまったかのようです。
聖書には、私たちが立ち返るべきお方、揺るぐことがない信頼すべきお方の呼びかけがあります。

1.主に望みを置く幸い
天地万物を創造されたお方、あなたと私を創造され、いのちを与えておられるお方は、すべての造られたものと聖書(みことば)と救い主イエス様を通して、ご自身を現しておられます。
私たちの造り主であられる主は、ご自身を求め、信頼する者にいつくしみを示してくださいます。

2.主の御前に静まる幸い
順境の日には幸いを味わい、
逆境の日にはよく考えよ。
これもあれも、神のなさること。
後のことを人に分からせないためである。
伝道者の書 7:14

人は物事が順調に進んでいるときは、あまり深く考えることをせずに自分の実力を過信したり、周囲の人々の助けや恩恵も忘れて有頂天になりやすいものです。
逆境はあって欲しくないもの、できれば避けたいものですが、そのときに初めて自分の足りなさ、愚かさ、罪深さ、周囲の人々の温かさ、自分の存在を支えてくださっている創造主の偉大さ、救い主イエス様の愛とあわれみと恵みの深さを知ることができます。

3.主のくびきを負う幸い
わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。   マタイ 11:29,30

救い主イエス様は、神様(創造主)でありながら、私たちを救うために私たちと同じ人間になってくださいました。私たちが経験してきたあらゆる嫌な経験も経験され、私たちのすべての苦しみや大変さをご存じです。
十字架上で私たちのすべての罪を負ってくださった主イエス様のくびきを負って、イエス様から学びながら歩む歩みにこそ真の平安があります。

4.主に祈れる幸い
あなたがたの中に苦しんでいる人がいれば、その人は祈りなさい。喜んでいる人がいれば、その人は賛美しなさい。  ヤコブの手紙 5:13

思わず笑顔が爆発して叫んでしまうような喜びの時も、自分以外のすべての者から見放されてしまったような苦しみの時も、主に信頼して祈れる幸いが与えられています。
私たちの救いのために十字架で愛を示し、よみがえられたイエス様の計り知れない愛は決して変わりません。
「主は、私たちを意味もなく、苦しめ悩ませることはない」と言われます。そこには私たちを矯正し、訓練し、人として成長させ、主の役に立つ者へと変えてくださる主の不思議な御計画が隠されています。心から安心して頼れるお方がいらっしゃるということはこの上ない幸せです。

この新しい一年、さらに主イエス様に仕えさせていただき、主にとって役に立つ者にさせていただきましょう。


https://youtu.be/HgqwA7qfHDU