「格下を愛せるか」(礼拝メッセージ2020/12/27)

ピレモンへの手紙は、AD61年頃、パウロが親友のピレモンに送った奴隷オネシモに関するお願いの手紙です。ピレモンはパウロによって信仰に導かれた人で、コロサイで家を教会として開放するほど裕福な人だったようです(ピレモン2)。ピレモンの奴隷だったオネシモは、主人の家で窃盗を働き、逃亡中にローマでパウロと出会って回心し、パウロに仕えていたようです。パウロはピレモンに対してオネシモを兄弟として迎えてくれるようにお願いしています。

1.格下の者を愛せるか
もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、愛する兄弟としてです。・・・あなたが私を仲間の者だと思うなら、私を迎えるようにオネシモを迎えてください。ピレモン 16,17

当時は、征服戦争によって捕虜が奴隷とされ、人権は認められず商品として売買されていました。ピレモンは、経済的に裕福で奴隷を所有し、社会的地位もある人のようです。いくら信仰に導いてくれたパウロからのお願いだとしても、奴隷の身分で盗みを働いて逃亡した者を、同じ信仰を持ったからと言って兄弟として素直に受け入れることができるでしょうか。

2.役に立つ者
彼は、以前はあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても役に立つ者となっています。    ピレモン 11
彼は、あなたがたの仲間の一人で、忠実な、愛する兄弟オネシモと一緒に行きます。この二人がこちらの様子をすべて知らせます。コロサイ 4:9

オネシモ(有益な者の意)は、神様と人にとって害のある無益な者でしたが、イエス様を信じることによって、有益な者に変えられました。私たちも同様に神様と兄弟姉妹に仕える有益な者へと変えられました。

3.兄弟のために犠牲を払う
もし彼があなたに何か損害を与えたか、負債を負っているなら、その請求は私にしてください。ピレモン 18

①イエス様は仕えるために来られました。
人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人のための贖いの代価として、自分のいのちを与えるために来たのと、同じようにしなさい。マタイ20:28(ヨハネ13:1~17)

②クリスチャンはキリストの奴隷です。
マタイ20:26~28、ローマ1:1、ピリピ2:3~8

③クリスチャンの主人と奴隷の関係
コロサイ3:22~4:1、Ⅰテモテ6:1,2、Ⅰペテロ2:18~25

パウロは、オネシモのために犠牲を払うことを厭いませんでした。それは、パウロ自身、神様と人々に赦されたという経験と感謝があるからです。もし、あなたが今まで他の人に行ってきたことに対して、全員があなたを赦さないで賠償を要求してきたらどうなるでしょうか。私たちは周りの人たちに赦されて今があります。あなたは、自分が格下だと思っている者を自分より上の者として受け入れられるでしょうか。