「主の名をみだりに口にしてはならない」(礼拝メッセージ2018/07/22)

今日のみことばは、十戒の第三戒「主の名をみだりに口にしてはならない」です。
国語的にみだりに【妄りに・濫りに・猥りに】は次のことを意味します。
①  分別なく行うさま。 「~口出しをするな」
②  正当な理由や資格もなく行うさま。 「~立ち入ることを禁ず」

悪のために(自分中心的事柄のために)、偽りのために、むなしいことのために、主の御名をみだりに唱えてはなりません。

主の名をみだりに口にするとは、次の3つの意味があります。

1.偽りの誓い

あなたがたは、わたしの名によって偽って誓ってはならない。そのようにして、あなたの神の名を汚してはならない。わたしは主である。 レビ19:12

2.主を悪く言う

だれでも誘惑されているとき、神に誘惑されていると言ってはいけません。神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分でだれを誘惑することもありません。人が誘惑にあうのは、それぞれ自分の欲に引かれ、誘われるからです。そして、欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生みます。私の愛する兄弟たち、思い違いをしてはいけません。 ヤコブ 1:13~16

3.言行不一致

きよい人たちには、すべてのものがきよいのです。しかし、汚れた不信仰な人たちには、何一つきよいものはなく、その知性も良心も汚れています。彼らは、神を知っていると公言しますが、行いでは否定しています。彼らは忌まわしく、不従順で、どんな良いわざにも不適格です。しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを語りなさい。  テトス 1:15~2: 1

イエス様はご自身の命、偽りのない愛によって、私たちを救い出して下さいました。今も変わらない愛によって、私たちを導いておられます。イエス様は真実で一途なお方ですから、私たちにも真実な愛を求めておられます。あなたはどのように応答しますか。

私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。イエスがキリストであると信じる者はみな、神から生まれたのです。生んでくださった方を愛する者はみな、その方から生まれた者も愛します。このことから分かるように、神を愛し、その命令を守るときはいつでも、私たちは神の子どもたちを愛するのです。神の命令を守ること、それが、神を愛することです。神の命令は重荷とはなりません。神から生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。   Ⅰヨハネ 4:19~5: 4