「中風の人のいやし」(礼拝メッセージ2018/11/11)

・・・イエスは彼らの信仰〔すなわち、ご自分を通しての神への信頼〕を見て、その麻痺した男に言われた、「子よ、あなたの罪は赦された〈取りのけられた〔すなわち刑罰が免除され、罪責の意識が除かれ、まっすぐにされて、神のみ前での正しい身分の者とされた〕」。・・・・・・・・  「この人はけがしごとを言っている。神おひとりのほか、だれが罪を赦す〈〔すなわち〕罪責を除き、刑罰を免除し、その代わりに義を与える〉ことができるのか」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  しかし、人の子が地上で罪を赦す権利〈権威、力〉を持っているということを、あなたたちがはっきり〈一点の疑いもなく〉知るために」(彼は麻痺した男に向かって言われた)。「私はあなたに言う、起きて、ふとんをかついで〈運んで〉家に帰りなさい。」・・・マルコ 2:1~12(詳訳)

イエス様がペテロの家にいらっしゃるとのうわさに、大勢の人々が殺到してあふれかえっていました。皆がイエス様のお話に聞き入っていると、なんと、天井がはがされて、病人がベットごと吊り降ろされて来ました。皆が唖然とする中、イエス様は、罪の赦しと病の癒しを宣言されました。

1.イエス様は彼らの信仰を見られた
①4人のともだち
イエス様は、病の友人のことを思って強引な方法でやって来たともだちと中風の人のご自身と神様に対する信仰を見て、彼の罪の赦しを宣言されました。

②頑なな律法学者 
イエス様は、頑なな律法学者たちをも等しく愛しておられます。彼らは、「神様だけが罪を赦すことができる」という正しい知識と信仰を持っていました。しかし、イエス様に対する信仰へは結び付いていませんでした。イエス様は、彼らも本当の信仰を持って救われてほしいと願って証ししました。

2.イエス様は罪を赦す権威を持っておられる  罪の赦しの宣言も、病の癒しも神様でなければ行うことはできません。イエス様は、罪の赦しが現実のものであることを証明するために、証しとして病を癒されました。

3.私たちに委ねられた福音
①ともだちとしての信仰  私たちは先輩の兄弟姉妹の愛によって救われました。私たちにもイエス
様の御前に連れ来たるべき人がたくさんいます。

すなわち、神はキリストにあって、この世をご自分と和解させ、背きの責任を人々に負わせず、和解のことばを私たちに委ねられました。 Ⅱコリント 5:19

②与えられた権威  私たちが聖霊様によって伝える福音は、信じる人々には罪の赦しと永遠の命を与えます。しかし、信じない人々の罪は残ります。

あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦されます。赦さずに残すなら、そのまま残ります。    ヨハネ 20:23