「主のしもべ」(礼拝メッセージ2019/07/21)

サムエル記Ⅰ、Ⅱは、元々ヘブル語聖書では1巻でした。士師時代の終りから、ダビデ王の最後までの約100年間(BC1075~975)について記されています。サムエルは霊的な指導者として活躍し、イスラエルの王に油を注いだ人物です。第1にはサウルとヨナタンの死までが記されています。

1.サムエル
サムエルは父エルカナ、母ハンナの間に生まれましたが、誕生前から神様に仕える者として献げられました。ハンナは心から主をたたえました(ハンナの祈りⅠサムエル2:1~10)。
サムエルは幼い時から祭司エリに仕え、エリの息子たち(献げ物の強奪、不品行、Ⅰサムエル2:12~17、22~25)とは対照的に、最後の士師、最初の預言者として、背教のイスラエルにあって、民を導きました。その後、民の要求により最初の王サウルに油を注ぎ、サウル王が不信仰によって失脚した後には、ダビデに油を注ぎました。彼は君主政治の設立者です。

サムエルは成長した。主は彼とともおられ、彼のことばを一つも地に落とすことはなかった。Ⅰサムエル 3:19

2.サウル王

サウル王はイスラエルで最初の王となりますが、不信仰(祭儀の越権行為Ⅰサムエル13章、聖絶の命令に従わずⅠサムエル15章)と罪(霊媒、Ⅰサムエル28章)により王位を剥奪されました。それにもかかわらず王位に留まり、主によって次期王として油注がれたダビデを殺害しようとしました。サウル王の息子ヨナタンとダビデは篤い友情で結ばれますが、サウル王は最後まで悔い改めることなく戦死しました。

サムエルは言った。「主は、全焼のささげ物やいけにえを、主の御声に聞き従うほどに喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。従わないことは占いの罪、高慢は偶像礼拝の悪。あなたが主のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」Ⅰサムエル 15:22,23

3.ダビデ王

ダビデは幼いころから神様に対する強い信仰を持ち、神様を侮辱するペリシテ軍のゴリヤテを倒しました。その後、イスラエル王国を統一し確立しました。

ダビデは言った。「獅子や熊の爪からしもべを救い出してくださった主は、このペリシテ人の手からも私を救い出してくださいます。」Ⅰサムエル17:37

主のしもべとは能力のある立派な人ではなく、みことばを信じ切った人、へりくだった人、聞き従う人です。多少の失敗があっても、素直にイエス様の下に立ち返る人です。悔いるだけ悔いてもそれで終わってしまい、改めの行動がなければ意味はありません。

ダビデも、行ないと関わりなく、神が義とお認めになる人の幸いを、このように言っています。「幸いなことよ、不法を赦され、罪を覆われた人たち。幸いなことよ、主が罪をお認めにならない人。」  ローマ 4:6~8