「信仰の王 ダビデ」(礼拝メッセージ2019/07/28)

Ⅱサムエル記には、サウル王の死後にダビデ王がイスラエルを統一し王国を確立したことが記されています。しかし、そこには国内外の問題、家族の問題、ダビデ自身の失敗など、様々な問題がありました。

1.王国の確立
ダビデは、サウル王の死後、主に油注がれた故サウル王に敬意を表して、サウル家の人々を尊重し(Ⅱサムエル 1:17~27、2:6、9:1)、サウル派とダビデ派を統一して王国を確立しました。また、エルサレムを新しい首都とし、神様の契約の箱を運び入れて安置して民を信仰へと導きました。さらに、周囲の敵国を征服し平和を実現しました(Ⅱサムエル 7:1)。
ダビデは多くの詩篇を残しています(彼の名前が付いている詩篇は73ある)。彼は晩年まで篤い信仰を持ち続け、あらゆる場面で主をほめたたえ、心のうちをぶつけ、主に助けを求め、神様と親しく歩みました。

主はわが厳 わが砦 わが救い主 身を避けるわが岩 わが神。
わが盾 わが救いの角 わがやぐら。 詩篇 18:2

2.ダビデ王の失敗

また王は、自分のために多くの妻を持って、心がそれることがあってはならない。申命記 17:17

ダビデは信仰の王でしたが、主の命令に従わなかったために、自分自身や王国に災いを招いていました。たくさんの奥さんを持ったために、王位継承の争い、兄弟間の不品行と殺人事件、息子アブシャロムの反逆などの問題が発生しました。また、人妻バテ・シェバとの不倫と夫ウリヤの殺害は(Ⅱサムエル11,12章)、彼の人生を苦しめることになります。

ダビデはナタンに言った。「私は主の前に罪ある者です。」ナタンはダビデに言った。「主も、あなたの罪を取り去ってくださった。あなたは死なない。・・・」 Ⅱサムエル12:13

神よ 私をあわれんでください。あなたの恵みにしたがって。私の背きをぬぐい去ってください。あなたのゆたかなあわれみによって。詩篇 51:1

3.ダビデ王最後の言葉(Ⅱサムエル32:1~7)

ダビデはイスラエル王国を確立した王として、信仰の人として、救い主イエス様の家系としてとても大きな働きをしました。彼は波瀾万丈の生涯を振り返り、私たちに大切な言葉を残しています。
「『主の道に歩みなさい』これがすべての人にとって最も大切なことである。どんな苦境に立ったとしても、主が支えてくださる。どんなに大きな問題に遭遇しても、主が解決してくださる。どんなに大きな失敗があっても、立ち返れば主は赦して受け入れて下さる。もう一度前へ進もう」

神は約束にしたがって、このダビデの子孫から、イスラエルに救い主イエスを送ってくださいました。使徒 13:23

・・・彼は息子のソロモンに次のように命じた「・・・あなたの神、主への務めを守り、モーセの律法の書に書かれているとおりに、主の掟と命令と定めとさとしを守って主の道に歩みなさい。・・・」Ⅰ列王記2:1~4