「主に拠り頼め」(礼拝メッセージ2019/11/10)

イザヤは紀元前8世紀に、南ユダ王国において約50年にわたり活躍した預言者です。彼は幻を通して不思議な方法で預言者としての召命を与えられ(イザヤ 6:1~13)、5人の王(ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤ、マナセ)の時代に、罪の告発、ユダ王国の滅亡、捕囚からの解放、メシヤ預言(誕生と受難)、新天新地などの預言をしました。

1.罪の告発
イザヤの時代に、ユダ王国は見せかけの繁栄に酔いしれ神様を拒絶し、道徳的退廃、社会的不正、宗教的偽善が蔓延していました。神様は彼らの態度に失望していますが、愛によって悔い改めと赦しの道を提供されます。

わざわいだ。罪深き国、咎重き民、悪を行う者どもの子孫、堕落した子ら。彼らは主を捨て、イスラエルの聖なる方を侮り、背を向けて離れ去った。・・・あなたがたの手は血まみれだ。洗え。身を清めよ。・・・あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。イザヤ 1:2~31

2.主に拠り頼め
ヒゼキヤ王はアッシリアの王センナケリブに攻め込まれた時に、イザヤを頼って祈りを要請しました。主はヒゼキヤ王の信仰に応えられ、イザヤを通して「エジプトに頼らず主にのみ頼るように」と励まし、主が勝利を与えてくださると約束されました。果たして預言の通りに主ご自身が戦ってくださり、ユダ王国に勝利をもたらされました。

・・・私たちの神、主よ。今、私たちを彼の手から救ってください。・・・主の使いが出て行き、アッシリアの陣営で十八万五千人を打ち殺した。イザヤ37:14~36

3.メシヤ預言
イザヤは救い主イエス様の誕生の約750年前に、ダビデの子孫として誕生されるイエス様の誕生と受難の様子、私たちの救いを克明に預言しました。

1)ダビデの根
わたしイエスは御使いを遣わし、・・・証しした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。黙示 22:16(使徒13:22,23、ローマ15:12)
2)メシヤの誕生
主は自ら、あなたがたに1つのしるしを与えられる。見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。イザヤ 7:14(イザヤ 9:6,7)
3)メシヤの死と救い
・・・まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。それなのに、私たちは思った。神に罰せられ、打たれ、苦しめられたのだと。・・・彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒された。・・・ イザヤ 53:1~12

過去も現在も未来も、私たちのメシヤ・救い主イエス様に拠り頼みましょう。

わたしが造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くのと同じように、・・・イザヤ 66:22