「すべてのことを主に対して」(礼拝メッセージ2020/06/21)

ことばであれ行いであれ、何かをするときには、主イエスによって父なる神に感謝し、すべてを主イエスの名において行いなさい。コロサイ3:17

何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。コロサイ3:23

今日は父の日です。今日のみことばは、妻、夫、子ども、父、奴隷、それぞれ立場は違っても、すべての言動が主に対するものであり、感謝の伴ったものであるようにと命じています。その言動とは「互いに忍耐し合う、赦し合う、愛しあう」ことです。なぜ私たちにそのような言動が求められ、またなぜそのような生き方が可能なのでしょうか。

1.神様に愛され新しくされた者

あなたがたは神に選ばれた者、聖なる者、愛されている者として、・・・コロサイ3:12
あなたがたは古い人をその行いとともに脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、それを造られた方のかたちにしたがって新しくされ続け、真の知識に至ります。コロサイ3:9,10

私たちは「神様に選ばれ、聖められ、愛され、赦された者」として、古い罪の人を脱ぎ捨てて新しい人を着て、神様と人々に対して正しい関係で生きられるようになりました。

2.新しい人の生き方

・・・深い慈愛の心、親切、謙遜、柔和、寛容を着なさい。コロサイ3:12

キリスト〈メシヤ〉〔の語られた〕ことばを〈あなたがたの心情と知性の中に〉宿らせ《あなたがたのうちに〔全く〕豊かに住まわせ》なさい。コロサイ3:16(詳訳)

神様によって新しい人を着させていただいた私たちは、自分自身に与えられた神様の慈愛によって、周りの人々に同様の心を示すことができます。特に一番身近で愛すべき兄弟姉妹に対して勧められています。

ですから、私たちは機会があるうちに、すべての人に、特に信仰の家族に善を行いましょう。ガラテヤ 6:10

みことばを「心情と知性の中に宿らせる」とは、みことばを固く信じて疑わず、自分自身の考え方・価値判断の基本としていることです。その結果、「互いに教え合う、忠告し合う、賛美の歌を歌う」という互いに仕え合うクリスチャンの成長が期待できます。

3.すべてのことを主に対してするように

みことばは、兄弟姉妹、隣人に対する言動が、すべて主イエス様に対して行っていることだ教えています。その言動には正当な報いがあります。

あなたがたは、主から報いとして御国を受け継ぐことを知っています。・・・不正を行う者は、自分が行った不正を報いとして受け取ることになります。コロサイ 3:24,25