「神の言葉が信用を失わないように」(礼拝メッセージ2021/09/20)

明日21日は敬老の日です。日本の総人口は1億2,600万人、高齢者(65歳以上)は3,580万人、総人口に占める割合は28.4%です(総務省統計局2019.9.15)。高齢者人口の割合は世界1位です。聖書では年配者としての生き方、年配者に対する態度について教えられています。

しかしあなたは、正しい〈健全な〉教えにかなう〈ふさわしい〉事《真のキリスト者であることを示す品性と正しい生活》を教えなさい。テトス 2:1(詳訳)

1.年配の男の人
老人たちには、節制し、尊厳を保ち〈謹厳で〉、思慮深く、自制し、信仰にも愛にも、また〔キリストの〕堅実さ〈忍耐〉にも、健全さを保つように勧めなさい。テトス 2:2(詳訳)

最近、高齢者男性の常軌を逸した事件が多発しています。聖書では、神様のことば、聖書が信用を失わないように、年配のクリスチャン男性には、救い主イエス様を主と告白している者として、自制して堅実で健全な生活を送るように勧めています。

2.年配の女の人
また年老いた女たちにも、同様に、神聖な奉仕をする者にふさわしく、行動において敬けんで〈うやうやしく〉あり、人をそしらず、酒の奴隷とならないように勧めなさい。彼女たちは良い助言を与えるべき者〈何が正しいもの《尊いもの》であるかを教える者〉であるべきです。それは彼女たちが若い女たちを知恵を用いて訓練して、若い女たちが、穏健な、慎み深い考え方をする人〈穏やかな、しつけの良い人〉となるように、また〔彼女たちの〕夫と〔彼女たちの〕子どもたちを愛し、自分を制し、純潔で、家を整え、善い性質で〈情け深く〉、自分を夫に順応させる〈従わせる〉人となるためです。・・・ テトス 2:3~5(詳訳)

高齢の女性クリスチャンに対しては、若い姉妹方や、信仰歴の浅い姉妹たちの模範となり、助言し、教え、訓練するように勧められています。それは、若い姉妹たちが、家庭では夫と子供を愛し、夫に従い、家庭を治めるようになるためです。

3.神のことばが悪くいわれないように
・・・それは、神のみことばが非難にさらされない〈けがされない、信用を失わない〉ためです。テトス 2:5(詳訳)

これらはすべて、神様の栄光のためです。私たちが、「神様はすばらしい。イエス様はすばらしい救い主。」と口先で言っても、聖書の教え、自分の信仰告白にふさわしく生活していないのであれば、神様のことば聖書が非難を受けることになります。クリスチャンにふさわしく、父母を敬い、神様の秩序を尊重しましょう。父母を侮ることは、神様とイエス様を侮ることです。

自分の父をののしり、自分の母をたたえない世代。自分をきよいと見るが、汚物を洗い落とさない世代。なんとも、その目が高ぶり、まぶたが上がっている世代。箴言 30:11~13
自分の父を嘲り、母への従順を蔑む目は、谷の烏にえぐり取られ、鷲の子に食われる。箴言 30:17