「イエス様の勝利、私の勝利」(礼拝メッセージ2019/02/03)

死のとげは罪であって、罪は律法〔の誤用〕を通してその力を〔人の上に〕働かせるのです。しかし、私たちの主イエス・キリストによって私たちに勝利を与えて〈私たちを征服者として〉くださる神に感謝します。 Ⅰコリント15:56,57(詳訳)

現代は争いを好まず、白黒をはっきりさせることより波風を立てずにうやむやに事を治めることが好まれます。相手を尊重することは大切ですが、聖書は「命と死」「勝利と敗北」を明確にしています。
私たちの信仰の歩みは、敗者の隠遁生活ではなく、すでに与えられているイエス様の勝利と命と恵みに満ちあふれたものです。

1.罪の働き
この世には「神様(創造主、三位一体、全知全能、善、聖、命)」と「サタン・悪霊・罪(悪、汚れ、死)」が存在します。サタンは神様に反逆し、神様の愛する人間を罪によって滅ぼすことを目的としています。
そして、神様が与えて下さった「律法」という良いものを悪用して、私たちに敗北感を与え、更に実際的に敗北を与えようとしています。私たちは、サタンの策略を知らないわけではありません。(Ⅱコリント 2:12)

罪を犯している者は、悪魔から出た者です。悪魔は初めから罪を犯しているからです。その悪魔のわざを打ち破るために、神の御子が現れました。Ⅰヨハネ 3: 8

2.イエス様の勝利

イエス様は十字架により、ご自身の罪なき血潮を通して私たちに救いを与え、復活によって「サタン・悪霊・罪」に対する勝利を明らかにして下さいました。「サタン・悪霊・罪」は敗北しました。イエス様の勝利は、イエス様を信じている私たちに与えられています。(Ⅰヨハネ 5:4,5)

しかし、人は律法を行うことによってではなく、ただキリスト・イエスを信じることによって義と認められると知って、私たちもキリスト・イエスを信じました。律法を行うことによってではなく、キリストを信じることによって義と認められるためです。というのは、肉なる者はだれも、律法を行うことによっては義と認められないからです。ガラテヤ 2:16

3.信仰的に安定した生活
私たちは、イエス様が「サタン・悪霊・罪」に対して勝利され、その勝利が自分に与えられているという事実(聖書の約束)にしっかり立つ時に、イエス様に服従する勝利と確信と安定の信仰生活を送ることができます。その生活が、この世に神様の栄光を現わします。
主にある労苦は無駄ではありません。だまされないようにしましょう。

こういうわけですから、私の愛する兄弟たちよ、確固として〈しっかりとして〉いて、動揺することなく、いつも主のわざに豊かでありなさい〈すなわち、常に主のための奉仕においてすぐれた《ぬきんでた、十分以上を行なう》者になりなさい〉。なぜなら、あなたがたの主にある労苦は実のないものではない〈決してむだなほねおりでない〉ことをあなたがたは知っている〈いつも自覚している〉からです。Ⅰコリント15:58(詳訳)