「信仰義認」(礼拝メッセージ2019/04/07)

昔の時代にこのように書かれたことは何でもみな私たちの教訓のために書かれたのであって、すなわち〔私たちの堅い、しんぼう強い〕忍耐と、聖書から〔与えられる〕励ましとによって、私たちが望みを堅く保つ〈胸にいだく〉ためです。ローマ 15:4(詳訳)

今年度は旧約聖書(創世記~マラキ書)を中心にみことばを賜りたいと思います。旧約聖書は、私たちの教訓(忍耐と励まし)のため、救いの希望をしっかりと持ち続けるために与えられています。
旧・新約聖書を貫いて与えられていることは「信仰義認」(神様の前に無罪とされ義人と認められるのは、行いによらず、キリストの贖いを信じる信仰による)です。

1.アブラハムの信仰

信仰によって、アブラハムは相続財産として受け取るべき地に出て行くようにと召しを受けたときに、それに従い、どこに行くのかを知らずに出て行きました。・・・彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできると考えました。 ヘブル 11:8~19

・・・彼は望み得ない時に望みを抱いて信じ、・・・神には約束したことを実行する力がある、と確信していました。・・・・。ローマ 4:17~22

アブラハムは、立派な人格者だったから救われた訳でも、賞賛された訳でも、イスラエルの父祖になった訳でもありません。ただ、神様の選びと憐れみと恵み、そして「信仰」です。

2.私たちの信仰

・・・、すべては信仰によるのです。・・・約束が・・・アブラハムの信仰に倣う人々にも保証されるのです。アブラハムは、私たちすべての者の父です。ローマ 4:16

・・・私たちのためでもあります。すなわち、私たちの主イエスを死者の中からよみがえらせた方を信じる私たちも、義と認められるのです。・・・私たちが義と認められるために、よみがえられました。ローマ4:23~25

私たちもアブラハムと同じ信仰によって救いを受けました。神様の選びと憐れみと恵みによるものです。

3.信じるとは従うこと

信じるとは従うこと、行動することです。信じていることが行動・生き方に現れます。私たちも信じている通りに行動しましょう。もし、ふさわしくない点があれば改めましょう。さらに栄光が与えられます。(ローマ8:30)

私たちの父アブラハムは、その子イサクを祭壇に献げたとき、行いによって義と認められたではありませんか。・・・信仰は行いによって完成されました。・・・ヤコブ 2:21~24

神は、さらに豊かな恵みを与えてくださる」と。それで、こう言われます。・・・罪人たち、手をきよめなさい。二心の者たち、心を清めなさい。・・・ヤコブ 4:6~10