「主に栄光を帰せよ」(礼拝メッセージ2019/06/23)

栄光を私たちの神に帰せよ。   申命記 32:3

「申命記」は「第二の律法付与」を意味しますが、リビングバイブルの書名「モーセ最後の説教」が示すように、BC1260年頃、約束の地カナンに入る直前、モアブの平原でモーセが語った神様との契約の再確認です。
モーセはこれまでイスラエルの民を導いてきた経験から、民が神様に対して再献身して、信仰と服従の道に歩むように呼びかけています。

1.神々に栄光を帰す愚かさ
人は創造主(神様)によって創造されたので、心のどこかで創造主を意識しています。しかし、自らの罪によって心が腐敗してしまったので、いろいろなものを神に仕立て上げています。

①偶像の神々
杉の木を切り、・・・その残りで神を造って自分の偶像とし、ひれ伏してそれを拝み、こう祈る。『私を救ってください。あなたは私の神だから』と。・・・ イザヤ書 44:6~20

②自然を神々に
・・・また、太陽や月や天の万象など、私が命じなかったものを拝む者があり、・・・ 申命記 17:3

創造主(神様)はことばによって天の万象を創造されました(詩篇33:6)。しかし、その天の万象も焼けてくずれ去る時が来ます(Ⅱペテロ3:10)。

③人間を神々に
共産主義国では人間を神格化しますし、死者を神格化して祭り上げる国もあります。

・・・「神の声だ。人間の声ではない」と叫び続けた。・・・ヘロデが神に栄光を帰さなかったからである。彼は虫に食われて、息絶えた。使徒 12:21~23

2.自分に栄光を帰す生き方
神様はご自身の栄光のために私たちを創造されました。神様よりも自分自身の栄光を求めると、傲慢と自己中心の罠に陥ります。

わたしの栄光のために、わたしがこれを創造した。イザヤ 43:7

3.神様に栄光を帰す生き方
モーセはイスラエルの民が創造主である神様から様々な恵みと憐れみをいただいて導かれて来たのに、幾度も反抗して裁かれてきたことを振り返り、民に主のすばらしさと歩むべき道、主にのみ栄光を帰す生き方を教えます(申命記32:4~6)。私たちも神様の恵みと憐れみにより、主イエス様の十字架の死と復活によって罪の赦しと永遠の命をいただきました。
神様に栄光を帰す生き方とは、神様が正しいお方、真実なお方、偽りのないお方であることを信じて感謝をささげることです。

「アーメン。賛美と栄光と知恵と感謝と誉れと力と勢いが、私たちの神に世々限りなくあるように。アーメン。」   黙示録 7:12