「あなたは、勇士」(礼拝メッセージ2019/07/07)

ギデオンは、ぶどうの踏み場で小麦を打っていた。ミディアン人から隠れるためであった。主の使いが彼に現れて言った。「力ある勇士よ、主があなたとともにおられる。」    士師記 6:12

「士師記」には、ヨシュアの死からサムエルの登場までが記されています(BC1220~1050頃)。イスラエルには霊的指導者がなく、主を捨てて異教の神々を慕い求め、その結果、カナン人に苦しめられました。彼らは苦しみのうちから主に助けを求め、主が救助者である士師を遣わして救出されました。しかし、その士師が死ぬと再び不信仰に陥ってしまいました。このパターンが何回も繰り返されました。
士師記には12人の士師が登場しますが、そのうちの6人(オテニエル、エフデ、デボラ/バラク、ギデオン、エフタ、サムソン)について詳述されています。士師記は私たちに何を教えているのでしょうか。

1.自分の目に良いと見えること
イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。士師記 17:6,18:1,19:1,21:25

ヨシュアがなぜ後継者を指名せずに逝ったのかはわかりません。イスラエルの人々は、主の律法に従い、信仰によって、約束の地カナンを完全に征服していくべきでした。しかし、栄光の主よりも異教の神々・偶像に魅力を感じて、信仰の道よりも享楽の道へと進んで行きました。

人々が健全な教えに耐えられなくなり、耳に心地よい話を聞こうと、自分の好みに従って自分たちのために教師を寄せ集め、真理から耳を背け、作り話にそれて行くような時代になるからです。Ⅱテモテ4:3,4(ヘブル11:24,25)

2.ギデオン

イスラエルの罪ゆえに、主は彼らをミディアン人の手に渡されました。ミディアン人の圧迫に耐えられなくなったイスラエルの民は、主に助けを求めます。主が選ばれた士師は、臆病で疑り深いギデオンでした。しかし、主がともにいて圧倒的な勝利を与え、40年間治めさせました。

・・・私の氏族はマナセの中で最も弱く、そして私は父の家で一番若いのです。」主はギデオンに言われた。「わたしはあなたとともにいる。・・・ 士師記 6:14~24,6:27,6:36~40,7:8,7:20~23,8:22,23

3.あなたは勇士
・・・ギデオン、バラク、サムソン、エフタ、・・・彼らは信仰によって、・・・弱い者なのに強くされ、戦いの勇士となり、他国の陣営を敗走させました。   ヘブル 11:32~34

主は私たちを「信仰の勇士」と呼ばれます。私たちが強いからではありません。共にいて下さる方が十字架で勝利を得られたお方だからです。自分にとって良いことを優先させるのではなく、主に従うことを優先させましょう。

・・・私たちの格闘は血肉に対するものではなく、支配、力、この暗闇の世界の支配者たち、また天上にいるもろもろの悪霊に対するものです。・・・神のすべての武具を取りなさい。・・・   エペソ 6:10~18