「主の目にかなうこと」 (礼拝メッセージ 2019/08/11)

第2列王記には、分裂王国時代の各王の治世について記されています。北王国イスラエルに善王はおらず、BC722年にアッシリア帝国によって滅ぼされました。南王国ユダには数人の善王がいましたが、北王国イスラエルと同様に不信仰ゆえに、BC856年にバビロン帝国によって滅ぼされました。  主はそれぞれの時代に、預言者エリヤ、エリシャ、イザヤたちを通して、民を悔い改めに導こうとされました。  主が望まれる「主の目にかなう」歩みとはどのようなものでしょうか。

1.預言者エリシャ(Ⅱ列王記3~8章)
エリシャは農夫の子でしたが、エリヤの後継の預言者として偶像礼拝をする王たちを責め、預言者の学校を設け、様々な奇蹟(尽きない油、不妊の女の懐妊、男児の蘇生、有毒な煮物の解毒、パンの奇蹟、ナアマン将軍のらい病の治癒、斧の頭の浮揚、敵軍との戦いの奇蹟など)を通して主を証ししました。

エリシャはイスラエルの王に言った。「私とあなたの間には何の関わりがあるでしょうか。あなたの父・・・母の預言者たちのところに行かれたら良いでしょう。」・・・万軍の主は生きておられる。」 Ⅱ列王記3:13,14

2.ヒゼキヤ王(Ⅱ列王記18~20章)
『主はこう言われる。・・・アッシリアの王の若い者たちがわたしをののしった、あのことばを恐れるな。 主の使いが出て行き、アッシリアの陣営で18万5千人を打ち殺した。Ⅱ列王記 19:6,35

ヒゼキヤ王は、主の目にかなうことを行った王の一人でした。彼はアッシリアの圧力に対して、主と預言者イザヤを頼り、勝利を得ました。

3.ヨシヤ王の宗教改革(Ⅱ列王記22,23章)

主に従って歩み、心を尽くし、いのちを尽くして主の命令と証しと掟を守り、・・・この契約のことばを実行することを誓った。Ⅱ列王記 23:3

ヨシヤ王は、みことば(律法の書)に触れて、心を動かされ、悔い改めて国全体を改革しようとしました(Ⅱ列王記22,23章)。
①主の宮の修復 ②みことばの朗読 ③主との契約  ④偶像の除去と破壊 ⑤主への過越のいけにえの再開

ヨシヤのようにモーセのすべての律法にしたがって、心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返った王は、彼より前にはいなかった。・・・ Ⅱ列王記 23:25

「主の目にかなう歩み」とは、私たちと神様との契約であるイエス様の十字架上の罪無き血潮による愛の契約(マルコ14:24)を信じて、イエス様に従うことです。自分の都合によって生きるのではなく、自分を犠牲にしてイエス様の利益のために、イエス様に従うことです。(マタイ22:37)

わたしが彼らと結ぶ契約はこうである。―主のことば― わたしは、わたしの律法を彼らの心に置き、彼らの思いにこれを書き記す。と言った後で、「わたしは、もはや彼らの罪と不法を思い起こさない。 ヘブル10:16,17