「喜びの日」(礼拝メッセージ2019/09/08)

ネヘミヤ記は、ネヘミヤがペルシア王宮でアルタクセルクセス王の献酌官をしている時に、祖国エルサレムの城壁が壊され、同胞が困難と恥辱の中にあるとの報告を受けたところから始まっています。
ネヘミヤは先祖の罪を悔い改め、王の許しを得てエルサレムの再建に乗り出し、反対者の妨害と戦いながらもついに城壁の修復を完成させます。それと同時に、ネヘミヤが最も願っていた信仰の回復がなされました。

1.ネヘミヤの祈り
ネヘミヤは捕囚の地にあって、祖国についてもたらされた悲しい報告に愕然とし、断食して主に祈りました。そして、自らの危険を顧みずに、王にエルサレムの城壁の修復を嘆願し、許可をもらいました。

「あの州で捕囚を生き残った者たちは、大きな困難と恥辱の中にあります。・・・』このことばを聞いたとき、私は座り込んで泣き、数日の間嘆き悲しみ、断食して天の神の前に祈った。 ネヘミヤ 1:3,4

・・・私をユダの地、私の先祖の墓のある都へ遣わして、それを再建させて下さい。」 ネヘミヤ 2:5

2.利己心という罪
ネヘミヤは帰還して敵と戦いながら、城壁の修復工事を続けました。この外部問題のほかに内部問題がありました。有力者たちは、自分が利益を得るため(利己心)に律法(みことば)に従わず、何の抵抗もなく同胞を虐げていたのです。ネヘミヤは率先して同胞を助け、報酬を受けずに再建に当たり、彼らを悔い改めに導いて、みことばへの服従を誓わせました。
人は利己心によって、隣人の利益ではなく、自分の利益を優先させてしまい、自分がやるべき事ではなくやりたいことだけをやり、いやなことはすべてスルーしてやらないことがあります。
悔い改めは、悔いるだけではなく心を改めて、行動に移すことです。

・・・有力者たちや代表者たちを非難して言った。「あなたがたはみな、自分の同胞たちに、利子をつけて金を貸している。」・・・私は続けた。「あなたがたのしていることは良くない。あなたがたは、・・・私たちの神を恐れつつ歩むべきではないか。」ネヘミヤ5:7~9

私も、人々が救われるために、自分の利益ではなく多くの人々の利益を求め、・・・すべての人を喜ばせようと努めているのです。」Ⅰコリント10:33

3.喜びの日
城壁が完成し、民は水の門の広場に集まり、神様をほめたたえて礼拝しました。祭司エズラがみことばを朗読して解き明かすと民は理解しましたが、そのみことばに不従順だったがゆえに、捕囚になったこと、今もみことばから遠く離れた生活をしていることに心を刺されて、泣く者たちがいました。エズラは、「主の日だから泣いてはいけない。喜び楽しみなさい。」と命じました。
過去や自分に囚われて、罪や弱さを嘆き悲しんではいけない。主の救いと復活と勝利の日、自分ではなく主に目を留めて、喜び楽しむことができます。

今日は、私たちの主にとって聖なる日である。悲しんではならない。主を喜ぶことは、あなたがたの力だからだ。」  ネヘミヤ 8:10