「わざわいを恐れない」(礼拝メッセージ2020/03/08)

ゼパニヤは、南ユダ王国のヨシヤ王(BC640~609)の時代の預言者で、ヒゼキヤ王の玄孫(やしゃご)にあたり、エレミヤと同時代に活躍しました。彼が預言したのはBC587のバビロンによる南王国ユダのエルサレム滅亡前の数十年間です。その預言は、ヨシア王の大宗教改革(BC621)に大きな励ましを与えたと考えられています(Ⅱ歴代誌 34,35章)。
ゼパニア書には、主のさばきの日、諸国民の滅亡、エルサレムの罪と救いと希望について記されています。

1.主のさばきの日の預言
ゼパニヤはユダ王国の罪、特に政治的・宗教的指導者の不信仰と不正・悪事、民の偶像崇拝、諸国の高ぶりを強い口調で断罪し、来たるべき主のさばきを宣告します。
1)スクテヤ人の侵入(BC626、南ロシアの野蛮民族)
2)バビロンによる捕囚(BC587)
3)終末の主の日

・・・その場所からバアルの残りを、・・・その祭司らとともに断つ。そして、屋上で天の万象を拝む者どもを、また、主に誓いを立てて礼拝しながら、ミルコムに誓いを立てる者どもを、主に従うことをやめた者ども、主に尋ね求めない者どもを断ち切る。ゼパニヤ 1:4~6

2.悔い改めと主の赦し
主は、ご自身への反逆と腐敗と堕落を一掃した後、残りの謙遜で忠実な少数の者を回復させ、祝福してくださいます。そこには、捕囚からの帰還、エルサレムの再建の希望があります。

わたしはあなたのただ中に、へりくだった、貧しい民を残す。彼らは主の名に身を避ける。ゼパニヤ 3:12

主は、へりくだって罪を悔い改め、主を信頼して主に身を避ける者をあわれみ、罪を赦し、唇を清めて救ってくださいます。

そのとき、わたしは諸国の民の唇を変えて清くする。彼らはみな主の御名を呼び求め、一つになって主に仕える。ゼパニヤ 3:9(ゼパニヤ 2:3)

3.わざわいを恐れない信仰
イスラエルの王、主は、あなたのただ中におられる。あなたはもう、わざわいを恐れることはない。・・・シオンよ、恐れるな。気力を失うな。あなたの神、主は、あなたのただ中にあって救いの勇士だ。
主はあなたのことを大いに喜び、その愛によってあなたに安らぎを与え、高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。ゼパニヤ 3:15~17

主は、私たちがわざわいに遭わずに済むようにしてくださるのではなく、主が共にいて私たちに安らぎを与え、私たちを歌を歌って喜んでくださるので、わざわいの中でも恐れる必要はないと言ってくださいます。

神の国はあなたがたのただ中にあるのです。ルカ 17:21
この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。コロサイ 1:27(ガラテヤ 2:20,21)