「聖さを全うする」(礼拝メッセージ2020/08/16)

パウロはコリント教会を最も心配してテモテを派遣し、第一の手紙と「悲しみの手紙」を送り、その後自身も訪問し、テトスをも派遣しました。
コリント人への手紙第二は、派遣されていたテトスがもたらした「問題一部解決」の報を受けて書き送ったものです。コリント教会の最悪の事態は避けられましたが、パウロは、偽教師によるパウロの使徒職と権限の否定に対する弁明、さらに、キリストにある苦しみと復活の希望についての教えを伝える必要がありました。

1.パウロの使徒職
私たちは自分自身を宣べ伝えているのではなく、主なるイエス・キリストを宣べ伝えています。私たち自身は、イエスのためにあなたがたに仕えるしもべなのです。Ⅱコリント 4:5

偽教師たちは兄弟姉妹を惑わして、パウロの使徒職やコリント教会に対する権限を否定し、自分たちの偽りの教えを持ち込んでいました。パウロはコリント教会を立て上げて仕えてきましたが、兄弟姉妹から否定されたため弁明します(Ⅱコリント12:15)。コリント教会は信仰と霊の指導者、神様の立てた秩序を否定し、混乱と不信仰に陥ってしまいました。

2.キリストにある苦難と復活の希望
主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスとともによみがえらせ、あなたがたと一緒に御前に立たせてくださることを知っているからです。・・・私たちの一時の軽い苦難は、それとは比べものにならないほど重い永遠の栄光を、私たちにもたらすのです。 Ⅱコリント 4:14~17

パウロは「一時の軽い苦難」と言っていますが、一連の伝道旅行では命の危険に何度も遭遇し、偽兄弟からの苦しみも受けました(Ⅱコリント11:23~28)。彼には主の慰め(Ⅱコリント1:5)と復活の希望と使命がありました。

「キリストのために喜んで苦難を受けようとの思いが、私たちのキリストに対する愛の純正さを証しするのである。」『日毎の聖書』ジョン・ストット著 P665

1)人々に感謝があふれ、神の栄光が現れるように。(Ⅱコリント4:15)
2)イエス様のために生きる。(Ⅱコリント 5:15)
3)和解のことばを委ねられた。(Ⅱコリント 5:19)

3.聖さを求める
愛する者たちよ、こういうわけでこの〔大きな〕約束が私たちのものなのですから、私たちは体と霊とをよごす〈汚す〉あらゆるものから自分自身をきよめて神をおそれて〈かしこんで〉〔私たちの〕聖別を完全なものとしようではありませんか。Ⅱコリント 7:1(詳訳)

パウロは、道徳的な面からではなく、神様からの大きな約束である「イエス様による罪からの救い、神様が父となり、私たちは息子、娘となった。」ことを前提として、汚れと決別して聖められる道を追求するように命じています。クリスチャンとこの世とは価値観は全然違いますが、私たちは、この世から孤立して禁欲・律法主義になるのではなく、汚れに染まらずに優しさと思いやりを持ち、福音を伝えるために相手の立場に立ち、尊敬して仕えることです。