「救いは選び」(礼拝メッセージ2020/11/15)

テサロニケ人への手紙第2は、第1の手紙の数か月後に書かれ、第1の手紙の教えを補足しています。冒頭では、迫害と苦難の中で信仰と忍耐と増し加わっている兄弟姉妹愛が称賛され(Ⅱテサロニケ 1:3~5)、イエス様の再臨の過程、偽りの教えに対する注意、選びによる救い、健全なクリスチャン生活についての教えが中心に記されています。

1.主の日のさばき
愛する皆さん。主の日はもう来たなどという、うわさを耳にして、興奮したり、あわてたりしないでください。たとい、このことについて幻を見たとか、神様から特別のお告げを受けたとかいう人が現れても、また、私たちからのもののように偽造した手紙をちらつかされても、信用してはいけません。どんなことを言われても、惑わされたり、だまされたりしないように気をつけなさい。 Ⅱテサロニケ 2:1~3(LB訳)

兄弟姉妹の信仰と忍耐と愛が称賛されている一方で、再臨に関する偽の教えに惑わされないようにとの注意がなされています。霊的な事や不思議な事、偽預言によって、私たちを健全な信仰、愛する教会・兄弟姉妹から分断しようとするサタンの働きは現在もあります。しかし、主の日には、イエス様によってすべての悪が滅ぼされます(Ⅱテサロニケ 1:8~12)。

2.あなたは選ばれた者
神様は初めから、あなたがたを救おうとしてお選びになり、聖霊様の働きと、真理に対するあなたがたの信仰によって、きよめてくださったからです。 Ⅱテサロニケ 2:13(LB訳)(Ⅰペテロ 1:2, 2:9、Ⅱペテロ 1:10)

神様は私たちをご自身の愛とあわれみによって、一方的に選び、主イエス様の十字架と復活に対する信仰によって罪から救い、一点の汚れもない聖い者としてくださいました。私たちは、愛され、赦され、聖められた者として、主と兄弟姉妹を愛し、落ち着いた生活を目指していく者です。

神様は、この世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んでくださいました。それは、キリスト様が私たちのためにしてくださることに、基づいています。そして、神様は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。神様の前に立つ私たちは、その愛に包まれているのです。   エペソ 1:4(LB訳)

3.怠惰な生活をしないように
私たちが身をもって示した教えに従わず、ぶらぶらと日を過ごしているクリスチャンとは、絶交しなさい。・・・「働かない者は食べる資格がない」という鉄則を教えたはずです。 Ⅱテサロニケ 3:6,7(LB訳)

パウロはクリスチャンの正しい歩み方を、身をもって示しましたが、その模範に倣わず、再臨に関しての間違った教えに惑わされ、主に選ばれたことも忘れてしまい、怠惰な生活を送って信仰の面でも兄弟姉妹に迷惑をかけている者たちがいました。パウロは、そのようなみことばに聞き従わない者たちに対し、自活して落ち着いた生活をするように厳しく命じています。そして、兄弟姉妹に対しては、彼らを敵とみなさずに兄弟姉妹として忠告するように、場合によっては絶交するように命じています。