「信仰の務め」(礼拝メッセージ 2020/11/22)

テモテへの手紙第1は「牧会書簡」と言われ、AD65年頃、パウロがローマでの投獄から解放された後に、我が子のような同労者であり、エペソ教会を牧会しているテモテに宛てて書かれたものです。

手紙の内容は、偽りの教えに対する注意、教会での秩序と指導者の資格、各人の立場、牧会者の務め、クリスチャンとしての生き方などです。

1.正しい教えを語り続けなさい
・・・ある人たちが違った教えを説いたり、果てしない作り話と系図に心を寄せたりしないように命じなさい。Ⅰテモテ 1:3~4(6:3~5)

新約聖書の各手紙にみられるように、この手紙にも偽りの教えに対する注意が促されています。
①ユダヤ人の空想話と系図             Ⅰテモテ 1:3~7
②禁欲主義(結婚の禁止、食物の禁止)       Ⅰテモテ 4:1~4
③金銭欲                     Ⅰテモテ 6:6~10
④「霊知」グノーシス主義             Ⅰテモテ 6:20,21

自分自身にも、教えることにも、よく気をつけなさい。働きをあくまでも続けなさい。そうすれば、自分自身と、あなたの教えを聞く人たちとを、救うことになるのです。Ⅰテモテ 4:16

2.祈りの生活
すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。それは、私たちがいつも敬虔で品位を保ち、平安で落ち着いた生活を送るためです。Ⅰテモテ 2:1,2

祈りは、教会の大切な務めであり、私たちの信仰の務めでもあります。主は、私たちが平安な生活の中ですべての人に福音を宣べ伝えることによって、すべての人が救われることを心から願っておられます。
①天皇陛下、首相、国の指導者、首長のための祈りと感謝 Ⅰテモテ 2:1~4
②いつでもどこででも祈る                                 Ⅰテモテ 2:8

3.信仰の務めの実現
・・・神に委ねられた信仰の務めを実現されることにはなりません。この命令が目指す目標は、きよい心と健全な良心と偽りのない信仰から生まれる愛です。Ⅰテモテ 1:4,5

神様からテモテに委ねられた「信仰の務め」は、教会の指導者として正しい教えをし、信仰の模範となり、兄弟姉妹を愛し、指導し、教会の指導者を任命し、教会を健全に治めることでした。私たちにも神様からそれぞれに信仰の務めが委ねられています。偽りのない信仰から生まれる愛によって、自分を鍛錬して(Ⅰテモテ 4:6~8)目標を達成しましょう。
①男たち          Ⅰテモテ 2:8
②女たち                               Ⅰテモテ 2:9~15
③監督、執事        Ⅰテモテ 3:1~13
④主人、奴隷        Ⅰテモテ 6:1,2
⑤富んでいる人       Ⅰテモテ 6:17~19