2021-10

教会員専用コーナー

11月祈りのひろば

礼拝インターネット配信

聖日礼拝(2021/10/31)インターネット配信

教会員専用コーナー

週報 2021/10/31

礼拝メッセージ

「聖書・信仰のみ」(宗教改革記念日礼拝メッセージ 2021/10/31)

 今日は宗教改革記念日の礼拝です。今から500年前に起こった事件を見ていきます。さらに同じ頃、日本で起こっていたことも見ていきます。  ・イエス様誕生からのキリスト教会の流れ(キリスト教界の変遷)  ・宗教改革以降のキリスト教会の流れ(主要教派系統図) 1.宗教改革者ルターと今日的意義  宗教改革はドイツの修道士、マルティン・ルターによって始められた教会改革です。彼は1483年ドイツの アイスレーベンという町で生まれました。当初の彼は、父親の希望に従い法律家を目指しますが、落雷を受けたのを機に突如修道院に入ります。そこで厳格な修行の日々を送りながら神学研究を進めました。この時、毎日のように読んだ聖書がルターの思想に大きな影響を与えたと言えるでしょう。  さて、当時の教会(中世カトリック教会)は、世俗の栄華・権勢を追求した結果、教義が形骸化し、聖職者の腐敗が蔓延していました(当時...
礼拝インターネット配信

聖日礼拝(2021/10/24)インターネット配信

教会員専用コーナー

週報 2021/10/24

礼拝メッセージ

「聖書の信憑性」(聖日礼拝メッセージ 2021/10/24)

 今日のテーマは「聖書の信憑性」です。聖書は、人間の創作ではなく、聖霊様が聖書記者を用いて特別に記したものです。その信憑性は客観的にも証明されるものです。そして、神様による書物ですから、私たちが勝手に都合良く自分に合うように解釈してはならないと注意されています。 1.聖霊様による著作  なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。 Ⅱペテロ 1:21(新改訳第三版)  聖書は原典において神様によって霊感された誤りのない唯一の書物です。その霊感は聖書全体におよび(十全霊感、逐語霊感、言語霊感)、聖書は、私たちの信仰と生活の唯一の誤りのない基準です。現在、原典は存在しませんが、写本の保護と保存、翻訳による伝達が純粋に保たれてきました。 2.聖書の信頼性 1)記述の正確さ  聖書に記されている歴史的...
礼拝インターネット配信

聖日礼拝(2021/10/17)インターネット配信

教会員専用コーナー

週報 2021/10/17

礼拝メッセージ

「神様の霊感による聖書」(聖日礼拝メッセージ 2021/10/17)

 今日のテーマは「聖書(全66巻:旧約39巻、新約27巻)」です。神様は特別啓示(奇蹟、預言、イエス様の人格と御業、聖書、個人的体験)の一つとして、ご自身の思い、救いの計画、被造物に対する取扱いなどを記した「聖書」を与えて下さいました。「聖書」は神様からの唯一の誤りのない書物であり、その中心はイエス様です。 1.神様の霊感(インスピレーション)とは  全体が神様の霊感によって書かれた聖書は、何が真理であり、何が悪であるかをよく教えてくれます。また、私たちの生活をまっすぐにし、正しいことを行う力を与えてくれます。こうして神様は、私たちをあらゆる点で整え、すべての人に善を行う力を、十分に授けてくださるのです。Ⅱテモテ 3:16,17(LB訳)  聖書は神様が私たちに愛を現わすために人を動かして記させたものです。  霊感とは「昔、聖霊が原著者たちに働いて、用いたことば使いにいたるまで...
タイトルとURLをコピーしました