「主こそ神」(礼拝メッセージ2019/01/20)

私は今、イスラエルのほか、全世界のどこにも神はおられないことを知りました。 Ⅱ列王記 5:15

BC850年頃、神様は異邦人であるアラム王国のナアマン将軍と身近な人々を通して、ご自身の存在と預言者エリシャの存在をイスラエルと近隣の国々に示されました。

1.神様の証しは、無名の証し人から

①イスラエルの娘
「もし、ご主人様がサマリアにいる預言者のところに行かれたら、きっと、その方がご主人様のツァラアトを治してくださるでしょう。」Ⅱ列王記 5:3(4:32~37)

②ナアマン将軍のしもべたち
「わが父よ。・・・あの人は『身を洗ってきよくなりなさい』と言っただけではありませんか」 Ⅱ列王記 5:13

2.ナアマン将軍のへりくだり

①プライドを捨てた
最初、ナアマン将軍は、預言者エリシャがうやうやしく呪文を唱え、厳かな儀式を行って癒やしてくれるものと思っていました。しかし、エリシャのあまりに単純な方法に激怒して帰ろうとしましたが、しもべたちの進言に考えを改め従いました(Ⅱ列王記5:11~14)

②神様だけを礼拝
真の神様の偉大さを体験したナアマン将軍は、偶像崇拝の環境の中でも真の神様のみを礼拝する信仰へと変えられました(Ⅱ列王記5:17~19)

3.預言者エリシャの信仰
農夫エリシャは、預言者エリヤの後継者として召され、預言者として活躍しました(Ⅰ列王記19:15~21)

①神様の存在を証し
預言者エリシャは、偶像崇拝に侵されていたイスラエルのヨラム王と国民に神様の存在を証ししました
(Ⅱ列王記5:8~10)

②報酬を求めない
「私が仕えている主は生きておられます。私は決して受け取りません。 Ⅱ列王記 5:16

預言者エリシャ、ナアマン将軍、無名の人々は、現在の私たちに歩むべき道を示しています。

知れ。主こそ神。主が私たちを造られた。
私たちは主のもの 主の民 その牧場の羊。 詩篇 100:3

あなたがたは互いに愛し合いなさい。・・・あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのようになります。 ヨハネ13:34,35

・・あなたがたはただで受けたのですから、ただで与えなさい。マタイ10:7,8