「聖なる者」(礼拝メッセージ2019/05/26)

主はモーセにこう告げられた。「イスラエルの全会衆に告げよ。あなたがたは聖なる者でなければならない。あなたがたの神、主であるわたしが聖だからである。レビ記 19:2

このみことばを見るとドキッとしませんか。「自分は罪深く、失敗ばかりしていてとても神様のように心のきれいな「聖い者」ではない、いくら望んでもかなうことではない、自分にガッカリしてしまう。・・・」
神様は理不尽な要求をされているのでしょうか。

1.「聖い者」とは
レビ記19章では守るべき十戒が繰り返されています。まず、両親を敬うこと、安息日を守ること、偶像を拝まないこと、神様にささげ物をすること、社会的弱者を助けること、正直であることです。
「聖なる者」とは、神様のすべての掟と定めとを守り行ない、汚れた者にならず、神様との交わりに留まることです。

・・・自分の罪を告白するなら、・・・その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。・・・ Ⅰヨハネ 1:1~10

2.信仰による聖め
もし、私たちが自分の力で聖めを得ようとするなら、絶対不可能です。 聖めは三位一体の神様のお働きです。

①聖めは神様のお働きです。
神は、世界の基が据えられる前から、この方にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされたのです。エペソ 1:4

②聖めはイエス様のお働きです。
神が御子の肉のからだにおいて、その死によって、あなたがたをご自分と和解させてくださいました。あなたがたを聖なる者、傷のない者、責められるところのない者として御前に立たせるためです。コロサイ 1:22

③聖めは聖霊様のお働きです。
・・・神が、御霊による聖別と、真理に対する信仰によって、あなたがたを初穂として救いに選ばれたからです。Ⅱテサロニケ 2:13

3.聖化の生活
聖化とは「人が聖くされていく過程、またはその結果である聖い状態を示す。必ずしも道徳的、倫理的なものと考える必要はなく、神への帰属を宣言する意味合いが強い。つまり、世(世俗的なもの)から分離され、神へと聖別されていることである。(「新エッセンシャル聖書辞典」)

あなたがたは心を引き締め、身を慎み、・・・以前、無知であった時の欲望に従わず。むしろ、あなたがたを召された聖なる方に倣い、あなたがた自身、生活のすべてにおいて聖なる者となりなさい。Ⅰペテロ 1:13~16

・・・聖められることを追い求めなさい。聖くなければだれも主を見ることができません。ヘブル12:14

自分にガッカリすることは高慢です。聖めの過程に感謝しましょう。